旅行・滞在情報

パキスタンでお酒を飲むには?

パキスタンでお酒を飲むには?

こんにちは、スズケーです。

パキスタンの公式英語表記はIslamic Republic of Pakistan(パキスタン・イスラム共和国)。
その名の通り、パキスタンはイスラームを国教と定めている国です。

国の法制度にもシャリーアと呼ばれるイスラム法が少なからず影響していて、
そこかしこにイスラームのルールが取り入れられています。

このため、どうしてもイスラームを優位とする宗教的不平等が生じることも多く、
他教徒がクルアーンや預言者ムハンマドに対する冒涜罪などに問われる事件も度々起きています。

冒涜罪に問われたアーシア・ビビ
アーシア・ビビの事件 冒涜罪に問われたパキスタン人キリスト教徒パキスタン最高裁が、預言者ムハンマドに対する冒涜罪で拘束されていたキリスト教徒・アーシア・ビビに対して無罪の判決を下したことによる、パキスタン国内の抗議運動や、一部の暴動に関してのまとめ。...

 

イスラームと言えば豚肉を食べたりお酒を飲んだりがタブーであることは有名ですが、
イスラーム法国家であるパキスタン、もちろん酒を飲むことは禁じられています。

が、実はパキスタンにもあるし、飲めちゃうんですよね、お酒。

 

パキスタンでお酒を飲む

パキスタンでお酒を飲む

前述した通り、パキスタンはイスラーム法国家。
ムスリムであるパキスタン人がお酒を飲むことは法律で禁じられています。

外国人がお酒を飲むことは違法ではないようなのですが、
パキスタンへのお酒の持ち込みは禁止されていますし、
パキスタン国内でもお酒が手に入る場所も限られているので、
お酒大好きな方にはなかなか大変な国ではあります。

でもやっぱり、パキスタン人の中にもこっそりお酒を飲んでいる人はいる。

彼らはどうやって手に入れているのかというと、
なんでも、お酒の密売屋さんがいるので連絡すると時間と場所を指定され、
道ばたなどで落ち合ってさっとお金とお酒を交換するのだそうです。

まさに密売。

ビールはもちろん、ワイン、ウィスキー、ジンやウォッカが手に入るようです。

とはいえ、外国人旅行者が自分自身でこんな怪しいことをするのはなかなか困難なわけで、
運良く酒飲みのパキスタン人に出会ってお酒を調達してもらいでもしない限り、
この方法はちょっと利用できないかと思われます。

では、外国人旅行者が比較的簡単にお酒を飲めるのはどこかというと、こんな場所。

パキスタンでお酒を飲める場所
  • 高級ホテルやレストランで飲む
  • フンザで飲む
  • カラシュバレーで飲む

この3カ所なら、比較的簡単にお酒を飲むことができます。

高級ホテルやレストランでお酒を飲む

パキスタンでも、都市部にある外国人が多く出入りするようなホテルやレストランにはお酒が用意されていることが多いです。

といってもメニューに堂々と書かれていることはあまりありません。
レストランやホテルのスタッフにお酒はあるか聞いてみると、こっそり持ってきてくれることがほとんどです。

ボトルや缶をテーブルの上にドーンと置くのもよろしくないため、
ナフキンで見えないように包んだりして出してくれます。

中にはバーのあるホテルもありますが、バー自体も地下にあったり、あんまり目立たないようになっています。

輸入のお酒だけでなく、パキスタン唯一の醸造酒会社であるマリー・ブルワリーのお酒が飲めますよ!

MURREE BREWERYのマリービール

イスラーム国家でお酒を禁止しているパキスタンですが、
お酒を製造している会社もあります。

その名もマリー・ブルワリー(MURREE BREWERY)。
1860年創業の、パキスタン唯一の醸造・販売会社です。

もともとは、インドとパキスタンの独立分離前、インド亜大陸がイギリスの支配下にあった時代に、
この地に駐留するイギリス人に提供するのを目的としてできた会社。

現在は外国人や、国民の5%ほどの非ムスリムのパキスタン人のためという名目でお酒の醸造・販売が続けられています(もちろんムスリムのパキスタン人もこっそり飲んでいますが…)。

会社の社長さんはゾロアスター教徒です。

輸出は禁止されているため、マリー・ブルワリーのお酒はパキスタンでしか飲めません。

マリービールというビールが有名ですが、他にもワインやウィスキーなども作っています。
お酒以外に、ノンアルコールビールやソフトドリンクの取り扱いも。

マリー・ブルワリーのサイトに商品一覧が掲載されていて、それぞれどんな場所で購入できるかも明記されています。

MURREE BREWERY

http://murreebrewery.com/

フンザでお酒を飲む

フンザでお酒を飲む

フンザでは地元の人達が、自分たちで楽しむためにお酒を造っています。
一応フンザの人々もムスリムですし、違法行為なので、密造酒になります。

お酒の通名はフンザ・パーニー。
直訳すると「フンザの水」と言う意味の、なんとも密造酒チックな名前です。

最近は昔よりも取り締まりが厳しくなっています。
時々、大々的にお酒を造って売りまくってた地元の人が警察に捕まったニュースなども見かけます。

やっぱり、結婚式などのお祝い事の時には出回る事が多い。
ただ、みんなお酒を飲み慣れていないせいか、
自分の飲める許容量がわかっていなかったり、一気に飲んで悪酔いしてる人も結構いて、
フンザの結婚式に参加すると、もんのすごく目のすわったお酒臭ーい男の人がいたりします。
飲むなら人に絡まず、きれいに楽しく飲もうぜ。

ヤンチャな男の子達は、友人の結婚式の時などに、自分たちで作ってお酒を部屋にこもって飲んだりもしているそうです。
そこまでして飲みたいのか…

これがフンザ・パーニーを作っているところ。
この時は杏のお酒だったかな?

フンザのお酒(フンザ・パーニー)の作り方
フンザのお酒(フンザ・パーニー)の作り方

私自身がお酒を飲まないので、あんまり詳しくないのですが、
ワインと蒸留酒の2種類があるようで、
なんだかわからないのですが「お酒飲んだ?」って聞くと「違い、ワインだ」と言われたりします。
ワインはお酒じゃないのか…

ワインはもちろんブドウですが、
それ以外のフンザ・パーニーは、桑や杏の実を使って作られています。
アルコール度は結構強め。

一応こっそり売買もされているので、フンザ・パーニーを飲みたい場合は、
宿のスタッフなどにこっそり「フンザ・パーニーを買いたい」と言ってみてください。
場合によっては、どこからか手配してもってきてくれます(もちろん有料です)。

正式に作られ販売されてるものではないので、空きペットボトルに入れられて売っています。

お値段はピンキリ。
質もピンキリ。

友人によると、味や飲みやすさはもちろん、酔い方などもものによって全然違うそうです。
運が悪いと、消毒みたいなにおいのするフンザ・パーニーにあたっちゃうことも…

あとはパキスタン北部だと、中国のビールが売ってたりもします。
こちらも密輸品ですが…

地元の人に「フンザパーニーがあるから一緒に飲むか」と誘われることもありますが、女性は注意。
残念ながら、「フレンド!」と言って、必要以上にくっついてきたり、お触りする人もいます。
一人では行かない方がいいですし、
ボディタッチをされた場合は、それが軽いものだったとしても「ノー」と伝えましょう。

パキスタンにいる外国人女性旅行者
パキスタンで女性旅行者が気をつけたいことイスラム教国であるパキスタンで、外国人女性旅行者が気をつけたい事のまとめ。性犯罪はもちろん、セクハラ被害に遭わないために。馴れ馴れしく触ってくる=フレンドリーではありません。...

カラシュバレーでお酒を飲む

カラシュバレーでお酒を飲む

カラフルな刺繍がかわいい民族衣装が有名な、カラーシャ族の人々が住むカラシュバレーでもお酒を飲むことができます。

カラーシャの人々はイスラームではなく独自の信仰を持つ異教徒(カーフィル)。
ムスリムではありません。

カラシュバレーでも、フンザ同様様々な果物を栽培していて、それを使ったワインを作っています。

こちらも、大々的に売っているものではないため、ホテルや宿のスタッフに「ワインが飲みたい」と言えば、どこで手に入るか教えてくれたり、買って来てくれたりします。

チトラール・カラシュバレーへのアクセス カラフルなカラーシャ族 
チトラール・カラシュバレーへの行き方・アクセス カラフルなカラーシャ族 パキスタン北部・チトラール(チトラル)やカラシュバレーへのアクセス・行き方のまとめ。パキスタンのチトラールに住むカラフルな民族衣装が有名な少数民族・カラーシャ族について。...

パキスタンへのお酒の持ち込み・持ち出し

お酒の持ち込み・持ち出し

パキスタンへのお酒の持ち込みや持ち出しですが、
禁止のはずですが、大丈夫な場合が多いです。

私自身は、パキスタン入国時に荷物の検査をされたことは一度もありません。
X線に通したこともない。

パキスタン出国時は荷物チェックされますが、結構適当なため、
食べ物が入ってたりしてもいけちゃう場合が多いです。

なのでパキスタンへのお酒の持ち込み・持ち出し、意外に大丈夫です。

私も実際、フンザの友人に頼まれてお酒を持っていったこともありますが、一度もチェックされず、普通に持っていけました。

パキスタンのお酒もぜひ挑戦を!

パキスタンのお酒もぜひ挑戦を!

イスラム教の国・パキスタンとはいえ、
やっぱりこっそりお酒を飲んでいる人はいるし、
ムスリムではない外国からの旅行者は、なんやかんやお酒を飲む方法があります。

もちろん、パキスタンの物価を考えるとちょっとお高めではありますが、
日本でお酒を飲むのに比べればちょっと安いはず。

お酒が好きと言う方は、パキスタンのお酒もぜひ飲んでみたいですね!

 

お読みいただきありがとうございました!
コメント欄はちょっと下にあります。承認式ですが、コメントはお気軽にどうぞ。

ABOUT ME
スズケー
フンザ出身のパキスタン人と国際結婚しています。 デザイナーとライターとアーティスト、時々通訳をしつつ、 投資もやってます。 お金稼いでパキスタンと日本とインドと、好きに行ったり来たりしたい。
 
にほんブログ村 旅行ブログ パキスタン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ パキスタン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ

WordPress完璧インストール 設定代行


スマホで稼ぎながら旅するグループアフィリエイト


目指せブロガー!「旅をしながら稼ぐ」を実現するためのおすすめ教材
ホビリエイト・マスターズカリキュラム ロゴ

「楽しく稼ぐ」をモットーに、趣味や好きなことが仕事・収入に繋がるブログ運営を学べる講座。お手頃価格の参加費で、正統派のブログアフィリエイトのノウハウを0からしっかり習得できる、初心者さんにもおすすめの教材。
  
公式サイトを見る 紹介記事を見る

仮面ブロガーズ ロゴ

ブログで結果を出すための個別指導型オンライン学習コミュニティ。「ブロガー」として自分自身や自分の得意なことを商品にして、少ないアクセスでも好反応・高収入を得られる「資産となるブログ作り」を学ぶことが出来る。

公式サイトを見る 紹介記事を見る

イチ押し!自分のまつ毛をバッサバサに育てる究極のまつ毛美容液

まつ毛が短く、目もとに自信がない方へ。30日で実感、60日で感動できる「まつ毛」「まゆ毛」美容液。1日1回使用して、本当にまつ毛がバッサバサになりました!エクステやつけまつ毛のダメージで抜け毛が多い方にもおすすめ。

公式サイトを見る 紹介記事を見る

 
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報まとめ

パキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧はこちらから!
治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行や滞在に関する必要情報・便利情報をまとめた目次(サイトマップ)です。

パキスタン・フンザ ガイド
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報ガイドパキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧、目次。治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行に関する必要・便利情報まとめ。...
ご意見・ご質問などはメールフォームからどうぞ。
デザイナーとライターをしています。お仕事のご依頼やご相談もお気軽に。

コンタクト用メールフォーム

COMMENT

メールアドレスは非公開です(メルアド入力なしでもコメントできます)。
お気軽にコメントをどうぞ。

テキストのコピーはできません。