WEB・DTP・ブログ

WordPress5.0の新エディタ「Gutenberg」 旧エディタに戻すには?

WordPress5.0の新エディタ「Gutenberg」 旧エディタに戻すには?

こんにちは、スズケーです。

先ほどWordPressを5.0に更新したらエディタ(記事の編集・投稿画面)が
新しいエディタ「Gutenberg」に変わっていました。

スズケー
スズケー

新しいエディタに変わる事をうっかり忘れていたので、バグかと思ってビビりました。

まだ日本語対応できていない上にもんのすごく使いにくかったので、
速攻で旧エディタに戻しました。

このエディタを待ち望んでいた人はいるのか?
何が便利なのか、何がいいのか、全くわからないんですけど。

 

WordPress5.0の新エディタ「Gutenberg」

4年ぶりのメジャーアップデート

WordPress4.0がリリースされたのは、2014年の9月4日でした。
WordPress5.0は2018年12月6日リリースなので、4年ぶりのメジャーアップデートです。

今回は特に、ビジュアルエディタが大きく変わるということで、リリース前から結構話題になっていました。

ブロック型エディタGutenberg

WordPress5.0では、従来のビジュアルエディタから
ブロック型エディタ「Gutenberg(グーテンベルク)」に変わりました。

WordPress.orgでもブロックエディタのFAQのページが設けられています。

 

とりあえずどんなかな?と興味はあったので、一応実際に使ってみましたが…
「Gutenberg」は、こんな画面でした。

WordPress5.0の新エディタ「Gutenberg」WordPress5.0の新エディタ「Gutenberg」

使いにくぃいいいいい!

あと、ちゃんと日本語になってる人もいるっぽいのにうちのはほとんどが英語のまま。
なぜ…なぜなんだ…

しかも致命的なのが、JINなどのテーマ固有のショートコードのツールボックスとかどっかいっちゃてるじゃないですかっ!!
お金払って便利な有料テーマ買っているのに、それが使えないとか、これじゃ全く意味がありません。

使ってられるかこんなもん。

スズケー
スズケー
JINが「Gutenberg」対応になるまで、旧エディタ使います。

「Classic Editor」プラグインでGutenbergを旧エディタに

エディタを旧エディタに戻すには、
公式にリリースされている「Classic Editor」というプラグインをWordPressにインストールして有効化することで、
新エディタが無効化され、これまでのエディタを継続して利用することができます。

Classic Editorプラグインは、WordPress4.9系のバージョンにインストールして事前に有効化することもできます。
新エディタを利用したくない場合はWordPress5.0にアップデートする前でも、事前インストールしておく事ができます。

Classic Editorのインストール

Classic Editorは、プラグインの新規追加から「Classic Editor」と検索すればすぐに出てきます。

これをインストールして有効化!

旧エディタを使えるClassic Editor旧エディタを使えるClassic Editor

Classic Editorプラグインを使えば、以前のWordPressのエディターと投稿編集画面をそのまま使う事ができます。
もちろん、エディタの拡張プラグインやテーマ独自の機能なども使用可能になります。
以前のエディターがそのまま使えると思ってもらって大丈夫です。

 

有効化すると、投稿一覧画面がこんな感じに…

Classic Editorインストール後の投稿一覧画面Classic Editorインストール後の投稿一覧画面

ここで「ブロックエディター」をクリックすれば新しいブロック型エディタGutenbergで、
「Classic Editor」をクリックすれば従来通りの旧エディタで編集を始める事ができます。

「新規追加」で記事を書きはじめた場合は、旧エディタで編集がスタートします。

Classic Editorを有効化した後は旧エディタが使えるClassic Editorを有効化した後は旧エディタが使える

これがClassic Editorで編集を始めた時の実際のエディタ。
うん、ツールボックスなどの機能も、これまで通りのものが使えます。

追記

Classic Editorを1.2にバージョンアップしたら、ブロックエディターと旧エディターの選択ができなくなっていました。

従来通り「編集」をクリクすれば編集できます。

ブロックエディターを使いたい場合は、Classic Editorを無効にしないといけないようです。

Classic Editor1.2Classic Editor 1.2の投稿一覧画面

Gutenbergを使う日は来るのか?

Gutenbergの最大の問題点は各種テーマや主要プラグインとの互換性がないことや、エディタで生成されるHTMLソースの構造の違い。

具合が悪いと、これまで投稿してきた記事のデザインがガラッと崩れてしまったりする事もあるのではないかと思います。

今のところ私的には、Gutenbergを使う日は来るのか?って思ってますが、
そのうち旧エディタも使えなくなる時が来るでしょうし、
JINなどの有料テーマや各種プラグインがGutenbergに対応しだしたら、徐々に移行していく必要があるな…とは思います。

それまでの間はしばし、Classic Editorで耐えますよ!

スズケー
スズケー
Gutenberg素敵!便利!って思ってる人ってどれくらいいるんだろうね…
 

お読みいただきありがとうございました!
コメント欄はちょっと下にあります。承認式ですが、コメントはお気軽にどうぞ。

ABOUT ME
スズケー
スズケー
フンザ出身のパキスタン人と国際結婚しています。 デザイナーとライターとアーティスト、時々通訳をしつつ、 投資もやってます。 お金稼いでパキスタンと日本とインドと、好きに行ったり来たりしたい。
 
にほんブログ村 旅行ブログ パキスタン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ パキスタン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ

WordPress完璧インストール 設定代行


スマホで稼ぎながら旅するグループアフィリエイト


目指せブロガー!「旅をしながら稼ぐ」を実現するためのおすすめ教材
ホビリエイト・マスターズカリキュラム ロゴ

「楽しく稼ぐ」をモットーに、趣味や好きなことが仕事・収入に繋がるブログ運営を学べる講座。お手頃価格の参加費で、正統派のブログアフィリエイトのノウハウを0からしっかり習得できる、初心者さんにもおすすめの教材。
  
公式サイトを見る 紹介記事を見る

仮面ブロガーズ ロゴ

ブログで結果を出すための個別指導型オンライン学習コミュニティ。「ブロガー」として自分自身や自分の得意なことを商品にして、少ないアクセスでも好反応・高収入を得られる「資産となるブログ作り」を学ぶことが出来る。

公式サイトを見る 紹介記事を見る

イチ押し!自分のまつ毛をバッサバサに育てる究極のまつ毛美容液

まつ毛が短く、目もとに自信がない方へ。30日で実感、60日で感動できる「まつ毛」「まゆ毛」美容液。1日1回使用して、本当にまつ毛がバッサバサになりました!エクステやつけまつ毛のダメージで抜け毛が多い方にもおすすめ。

公式サイトを見る 紹介記事を見る

 
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報まとめ

パキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧はこちらから!
治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行や滞在に関する必要情報・便利情報をまとめた目次(サイトマップ)です。

パキスタン・フンザ ガイド
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報ガイドパキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧、目次。治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行に関する必要・便利情報まとめ。...
ご意見・ご質問などはメールフォームからどうぞ。
デザイナーとライターをしています。お仕事のご依頼やご相談もお気軽に。

コンタクト用メールフォーム

COMMENT

メールアドレスは非公開です(メルアド入力なしでもコメントできます)。
お気軽にコメントをどうぞ。

テキストのコピーはできません。