旅行・滞在情報

パキスタンは楽しいよ!

パキスタンは楽しいよ

こんにちは、スズケーです。

ブログではパキスタンに関連することで思うこと、興味があることがあれば
ポジティブなこともネガティブなことも取り上げて記事にしていますが、
基本は私、パキスタンも、パキスタン人も大好きです。

パキスタンって行って大丈夫なの?って心配する人もいますが
パキスタン旅行も、普通に楽しい。

行ってさえしまえば、満足度が高い国(多分)、それがパキスタン!

created by Rinker
¥6,950
(2020/10/24 09:15:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

パキスタン滞在理由は色々

パキスタンに滞在する理由は人によって様々。

旅行だったり仕事だったり、パキスタン人と結婚している方は旦那さんの実家への帰省だったり移住だったり。

私はフンザ出身のパキスタン人と結婚しているので、パキスタンの滞在理由は「夫の実家への帰省」も一応含まれていますが、
私の感覚としては「旅行9割、帰省1割」くらいです。
旦那の実家で寝泊まりしてないしね、私。

家族訪問はストレスフルな場合も

パキスタンの街中は男性が多い

パキスタン人と結婚している日本人女性の中には
「パキスタンに旅行に行きたいとか意味わからない」って言う人もいます。

お家によって様々ですが、パキスタンの家庭の中には「女性を一人で出歩かせない」家もたくさんあります。
それが言葉も不自由な外国人の妻ならなおさらのこと。

そういう場合は、パキスタン滞在中は基本はずっと家にいて
出かける時は旦那さんか、その家族と一緒の時のみ…という感じになり、自分の行動が制限されます。

まぁ、当たり前だとそれだとやっぱりつまんないよね、と思う。
自分で好きなように行動できなかったら、そんなの日本だったとしてもつまらないわ。

それに日本でだって義実家にずっと滞在するとか、気をつかうし、自分のペースで好き勝手やれないことが多いし、嫌だよね(開き直れる人は別ですが)。

義実家というだけでなく、国籍が違えば育ってきた文化・一般常識も違う。
ずっとパキスタン人と一緒にいれば、日本人との感覚の違いにイラッとすることは増えるし、「身内・家族」として深く関わる程ストレスになることもたくさん出てくる。

そういう立場にいる人達が「パキスタン行きたくない」って思う事があるのは、まぁ仕方ないかなぁと思います。

スズケー
スズケー
私もパキスタン人と結婚してますが、元々一人でパキスタンを旅行してたこと、結婚後も旦那は私に何の制限も設けていないこと、嫁と言っても外人だからと私自身が開き直ってることもあり、「旦那の実家」という負担はほぼ一切受けることなくパキスタンに滞在しています。
なので、パキスタン人と結婚してるけど、それほぼ関係なく、旅行者として普通に楽しい。

旅行者からの満足度は高い

旅行者からの満足度は高いパキスタン

一方、パキスタンを純粋に観光など旅行目的で訪れたことのある人達からは、パキスタンの評価はとても高く
「また行きたい!」という感想を持つ人もたくさんいます。

まだまだ外国人観光客が少ないパキスタン、
観光客スレしている人も(お隣のインドに比べれば)比較的少なく、みんな外国人に興味津々で人懐っこく、驚く程親切な人も多いです。
良くも悪くも人との距離が日本に比べて近く、パキスタン滞在中の「人との関わり・やりとり」に魅力を感じると言う声もよく聞きます。

みんな外国人に興味はあるので、街を歩けば写真を一緒に撮ってとお願いされることも多く、そこから楽しいお喋りに発展することも。

旅行という非日常の環境の中で、
普段できないことをやってみたり、異国の人と関わり・交流を持つのは楽しいよね。

その楽しさが勝りすぎて、うっかり変な詐欺にひっかかったりトラブルに巻き込まれることもなきにしもあらずなので、脳内を「楽しい」だけで麻痺させず、おかしいと思ったことはしっかり断る意志をちゃんと持っておくことは必要です。

旅行で滞在する場合は、あれはダメこれはダメとアレコレ身内に厳しく制限されることもありませんし、日本とは異なるごちゃごちゃした町並みや、峻険な山々の景色を眺めながらその土地の人とのんびりお喋りしたりと、
異国情緒溢れる世界で開放感に浸りながら好きなように過ごす時間はやっぱり最高です。

世界遺産や美しい自然など、見所いっぱい!

ハイバル・パフトゥンハー州 ナラーンハイバル・パフトゥンハー州 ナラーン

フンザをはじめとするパキスタン北部地域の豊かな自然や、モエンジョ・ダーロ、ラホール・フォートなどの世界遺産、ガンダーラ美術などの文化遺産や、美しい手工芸品など
実はパキスタンは見所もいっぱい。

特にパキスタンの北部地域ではあちこちでごくごく当たり前のように絶景を目にすることが出来ます。
車での移動は決して快適とは言えませんが、ちょっと新しい絶景に出会えるので、長時間の移動でも見ていて飽きません。
時々土砂崩れなどで道が通れなくなり、数時間足止めをくらったりするのもご愛嬌。

ラホール・フォートやシャリマール・バーグなどの世界遺産に指定されているイスラーム建築物はまさに芸術ですし、
そういった有名な遺跡だけでなく、旧市街を歩くだけでも趣のあるハヴェーリ(昔の貴族などの館)を見かけたりして、とにかくフォトジェニックな風景がいっぱい。

写真を撮るのが好き!って方にはパキスタンは大満足できるかと。

パキスタン北部・フンザ近辺の見所・観光スポット
フンザ周辺の観光スポット・見所フンザ周辺の日帰り〜1泊程度で行ける見所・観光スポットの紹介。パキスタン北部観光でぜひ行きたい場所など。...

パキスタン旅行は危ないのか?

パキスタン旅行は危ないのか?

パキスタンに行きたいけど危なくないですか?
パキスタン旅行を検討していますがテロが心配です。

そういう質問、メールやツイッターのDMで結構来ます。お返事はしていませんけど。
(旅行関連の質問は、一度ブログ内を検索してみてください。答えが見つからなかった場合は、関連する記事のコメント欄で質問を。)

パキスタンの治安に関することは、以前こちらでもまとめています。

パキスタンの治安
旅行は安全?パキスタンの治安危険と言われるパキスタンの治安について。テロや盗難について、安全に旅行するために気をつけること、バックパッカーがパキスタンに感じる治安や危険、旅行のしやすさに関する意見など。...

この記事でも書いていますが…

日本で普段でかける時にいちいち交通事故の心配などしないように、パキスタンでも外出時にテロの心配をする人なんてそうそういません。
そんなことより普通に、スリとか痴漢の心配をした方がいいです。

 

また、何も問題なく安全に旅行を終えられるかどうかは、
その時の運や、本人がどんな行動をするか・どれだけ気をつけるかによって変わって来ると思います。

旅行者のトラブルが多い国の一つにインドがありますが、トラブルに巻き込まれる旅行者って、
知らない人についていったり、嫌なことをはっきり断れなかったりした結果、被害に遭う人がほとんどです。
もちろん、騙したり、悪行を働く人の方が圧倒的に悪い。
ですが大体のトラブルは、自分がほんの少し気をつけるだけで防げるものです。

スズケー
スズケー
日本にいる時に、知らない人に声かけられてついてったりしないし、初対面の人に変なビジネスの話持ちかけられてすぐに大金払って宝石買ったりしないよね。ましてや麻薬に手を出したりもしないよね。
日本でしないことは海外でもしない、それを気をつけるだけでもずいぶん違います。

個人旅行の場合は、何から何まで自分で手配し、トラブルが起きた場合の対応も自分でどうにかしなければなりませんが、
ツアーなどに参加すれば、大体のことは添乗員さんやガイドさんがやってくれるので、大分負担は少なくなります。

ただ、女性旅行者の場合、ツアーでパキスタン人ガイドさんが下心を持って接してくる場合もなきにしもあらずですので、勘違いさせるような曖昧な態度をとらないことだけは、自分でしっかりと。

フンザ旅行、フンザツアー
パキスタン観光、フンザへ旅行! 団体ツアーと個人旅行の比較パキスタン、フンザへ観光旅行を検討されている方のための個人旅行と団体ツアーの比較、個人旅行の際の手配方法など。現地手配可能なパキスタン現地旅行会社への紹介もしています。どんな旅行の仕方でもフンザは楽しめます!...
パキスタンにいる外国人女性旅行者
パキスタンで女性旅行者が気をつけたいことイスラム教国であるパキスタンで、外国人女性旅行者が気をつけたい事のまとめ。性犯罪はもちろん、セクハラ被害に遭わないために。馴れ馴れしく触ってくる=フレンドリーではありません。...

そんなわけで、
「パキスタンに行っても大丈夫ですか?」って聞かれても、答えられるものではありません。
人の旅行に責任持てませんし。

英語は通じるの?

こういうところは多分、あんまり英語通じないかも…こういうところは多分、あんまり英語通じないかも…

英語は、ある程度都心部と、フンザ周辺なら通じます。
ちょっと田舎に行ったりするとなかなか厳しいですが…

言葉が通じなくても、こちらが何か伝えようとすればみんな一生懸命理解しようとしてくれるし、英語が出来る人を連れてきてくれたりするので、大体の場合大丈夫。

最悪、ボディランゲージで何とかなることも多いし、
お互い言葉が通じない中、なんとか必死にやりとりするのもなかなか楽しいよ。

スズケー
スズケー
ローカルのバザールを歩いていたりすると、外国人なのに普通にウルドゥー語で呼び込みされたりします。
ダメ元で言ってるんだと思うんだけど、ウケるw

楽しいパキスタン

スズキのドライバーごっこスズキのドライバーごっこ
「ラジャバザール、ラジャバザール!」と叫んで客寄せもした

人と関わることがすごく嫌いだとか、自然にも興味がないとかでない限り、パキスタン旅行はきっと楽しい。

「パキスタンに行ってみたい」
そう思うならぜひどうぞ!
旅行が終わってみれば「行って良かった!」って感じると思います。

パキスタンは、楽しいよ。

 

時期的にぼちぼちと、この春の杏のシーズンに向けてパキスタン北部へのご旅行を検討されてる方も多いっぽいです。
フンザへのツアー旅行は、日本で手配すると40万円前後しますが、現地の旅行代理店に頼むともう少し安くなります。

ご希望の方はスズケーの友人らのやっている、現地旅行代理店を紹介します。

紹介できる代理店は、イスラマバードにある旅行代理店とフンザにある旅行代理店の2つ。
イスラマバードにある旅行代理店は、元々日本からのツアーも多数受け入れている大手旅行代理店で日本語ガイドをしていた方が独立開業してやっています(日本語成績優秀者で来日したこともあり、パキスタン地震の際には日本の自衛隊の通訳もしていました)。

紹介を希望される方はメールフォームからお問い合わせを!

お問い合わせメールフォーム

スズケー
スズケー
何ならいっそ、私の分も全てお金払ってくれるなら、私が現地の通訳と案内と各種手配を…
誰か連れてってください(●´v`人)
春のフンザツアー

 

パキスタンってどんな国かなって思う方は、ここら辺の記事を参考に。
本や映像を見てみると「パキスタン行ってみたいなぁ」って気持が、きっとわいてくると思います!

パキスタンやフンザに行ったきっかけは「バックパックトラベラー」
パキスタンやフンザに行ったきっかけは「バックパックトラベラー」スズケーがパキスタンやフンザに興味を持ち、行くきっかけとなった旅行雑誌「バックパックトラベラー」や、パキスタン関連の本・DVDの紹介。...
パキスタン フンザ
フンザってどんな場所?桃源郷と呼ばれるパキスタンの観光地パキスタンの観光地・フンザの情報。旅行前の豆知識にもなる地理や四季などの風土、歴史、宗教や言語、食を始めとする文化についてなど、フンザの紹介。風の谷のナウシカのモデルでは?とか、桃源郷とも言われています。...

個人旅行派の方は、今すぐ航空券のお値段をチェックでーす。

 

お読みいただきありがとうございました!
コメント欄はちょっと下にあります。承認式ですが、コメントはお気軽にどうぞ。

ABOUT ME
スズケー
スズケー
フンザ出身のパキスタン人と国際結婚しています。 デザイナーとライターとアーティスト、時々通訳をしつつ、 投資もやってます。 お金稼いでパキスタンと日本とインドと、好きに行ったり来たりしたい。
 
にほんブログ村 旅行ブログ パキスタン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ パキスタン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ

WordPress完璧インストール 設定代行


スマホで稼ぎながら旅するグループアフィリエイト


目指せブロガー!「旅をしながら稼ぐ」を実現するためのおすすめ教材
ホビリエイト・マスターズカリキュラム ロゴ

「楽しく稼ぐ」をモットーに、趣味や好きなことが仕事・収入に繋がるブログ運営を学べる講座。お手頃価格の参加費で、正統派のブログアフィリエイトのノウハウを0からしっかり習得できる、初心者さんにもおすすめの教材。
  
公式サイトを見る 紹介記事を見る

仮面ブロガーズ ロゴ

ブログで結果を出すための個別指導型オンライン学習コミュニティ。「ブロガー」として自分自身や自分の得意なことを商品にして、少ないアクセスでも好反応・高収入を得られる「資産となるブログ作り」を学ぶことが出来る。

公式サイトを見る 紹介記事を見る

イチ押し!自分のまつ毛をバッサバサに育てる究極のまつ毛美容液

まつ毛が短く、目もとに自信がない方へ。30日で実感、60日で感動できる「まつ毛」「まゆ毛」美容液。1日1回使用して、本当にまつ毛がバッサバサになりました!エクステやつけまつ毛のダメージで抜け毛が多い方にもおすすめ。

公式サイトを見る 紹介記事を見る

 
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報まとめ

パキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧はこちらから!
治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行や滞在に関する必要情報・便利情報をまとめた目次(サイトマップ)です。

パキスタン・フンザ ガイド
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報ガイドパキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧、目次。治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行に関する必要・便利情報まとめ。...
ご意見・ご質問などはメールフォームからどうぞ。
デザイナーとライターをしています。お仕事のご依頼やご相談もお気軽に。

コンタクト用メールフォーム

COMMENT

メールアドレスは非公開です(メルアド入力なしでもコメントできます)。
お気軽にコメントをどうぞ。

テキストのコピーはできません。