旅行・滞在情報

女性バックパッカーにおすすめの靴・サンダル KEEN ローズサンダル

女性バックパッカーにおすすめの靴・サンダル KEEN ローズサンダル

こんにちは、スズケーです。

スズケーが旅行に行くとき、いつも「どうしようかな〜」と迷うのは、足下。
靴やサンダルです。

できるだけ楽で、窮屈でなくて、歩きやすくて、水に濡れても大丈夫なもの。
で、見た目もそれなりにかわいいもの。

今回は4月からのパキスタン・フンザ旅行ということで、
イスラマバードやラワルピンディーはもう暑いけど、フンザはまだ冷え込む時もある…という、服装をどうするか的にも難しい時期のため、
かなーり悩んだんですが、サンダルを新調しました!

KEENのローズサンダル!
海外旅行のタイミングで新しく購入するサンダルとしては結構お高めになってしまいましたが…
でも満足。

散々色々チェックして選んだサンダルなので、
せっかくなのでポイントやらなんやらを紹介してみたいと思います。

 

サンダル選びのポイント

バックパッカーの中には、スニーカーとサンダルの2足を持って旅行されている方もいますが、私は極力荷物を減らしたい主義。

ビーサンくらいなら荷物にならないだろうなぁとは思うんですが、移動時に濡れていたり汚れているビーサンを持ち歩くのもイヤ。

なのでいつも、履物は自分が履いているものだけです。

バックパック旅行用に使うサンダルということで、今回は以下の点を重視しました。

サンダル選びのポイント
  • スニーカーみたいに歩きやすい
    ハイキングや岩場歩き、ちょっとしたトレッキングでも問題ない程度に滑りにくく、安定した履き心地であること。
  • 濡れても大丈夫
    履いたまま川に入ったり、シャワーで濡れてもOKなもの。
  • 靴下もはける
    飛行機や夜間移動中、高地などで寒い場合に靴下を履いてもおかしくないもの。
  • 着脱がしやすい
    いちいち紐を結び直したり留め具を外したりしなくても、さっと脱げてさっと履けるもの。
  • 耐久性がある
    簡単に壊れず、長く使えるもの。
  • 見た目がそれなりにかわいい
    シャルワールカミーズと合わせてもおかしくないもの。
サンダル

過去の旅行で履いていた靴・サンダル

普段は引きこもりな私ですが、旅行中は結構歩きます。
平均すると、1日1万5,000〜2万歩くらい歩きます。

街中だけでなく、時にはちょっとしたプチトレッキングをすることもあるため、
歩きやすくて安定したは着心地であることは最重要ポイント。

こういうサンダルは見た目はそこそこかわいいし、濡れても大丈夫なんですが、ペタンコすぎて長時間歩くと疲れてきます。
あと、走ると脱げることもあるし、山や岩場を歩く時とかはちょっと怖い。

 
スズケー
スズケー
昔はこういうサンダルでネパールで軽い山登りしたりしてたんですが、今考えるとよくやってたなぁと…私、頭がおかしい。山をなめすぎ。

 

ここ最近はクロックスを履いている旅行者も多いですが、私はクロックスが好きじゃありません。
見た目ゴツくない?
病院っぽかったり、ギプスつけてるみたいな見た目もイヤ。

クロックスの派生系と言うか、同じような感じで使える、メリッサシューズ、ラバーシューズと呼ばれている安い靴やパンプスを履いていたことはあります。

インド旅行中はとっても重宝したんですが、
秋のフンザに履いて行ったら、多分急に冷えたせいでしょう、ゴム素材が劣化してストラップが切れたり、つま先が割れたり。耐久性に難ありでした。
あと、濡れているところだとすごく滑ります。

 

今回はこういった、これまでの「良くなかった点」もじっくり踏まえて参考にし、長く使えるものを買おうと思い、アウトドアショップを回って色々探しました。

海外旅行にもおすすめできる アウトドアサンダルブランドKEEN

名古屋のアウトドアショップをあちこち見て回っていいなぁと思ったブランドは、
KEENCHACOの2つでした。

TEVAというブランドも有名らしいですが、見た目が好きじゃなかったのでパス。
なんかのっぺりしててタイヤみたいな見た目だった…

CHACOは見た目も華奢でかわいいデザインのものも多かったんですが…
ちょっと重かったのと、あまりにもサンダルすぎるかなぁ、と。

私は痩せ形なのですが、痩せてるというより、骨格が小さいらしく、
足も、甲が低くて幅も狭いです。

なので普通のサンダルだと、足の甲の部分がしっかりホールドされずに、どんどん前滑りしてしまうことが多いんですよね。
かといって前滑りしないように親指と人差し指の間に挟む部分がるタイプだと、靴下履けないし。

なので今回は、つま先までしっかりホールドしてくれているデザインの多い、KEENを選ぶことにしました。

バックパッカーやフェス好きにも愛用者の多いKEEN

KEENは、バックパッカーはもちろん、夏に音楽フェスにいく人なんかにも愛用されているブランドだそうです。

レディースもメンズもあり、デザインも豊富です。

がっつりしたヌーディーなサンダルではなくって、つま先までホールドしているデザインのものもたくさんあるのが特徴。

今回はイスラームの国であるパキスタンに行くため、男女ごった返しの人ごみでギューギューってことにはまずならないはずですが、
インドなんかだと、有名なお寺に参拝するためには、場合によっては朝の通勤電車のラッシュかよ!なレベルでものすごくギューギュー詰めの列に長時間並ばないといけないことも多く、その場合当然、足を踏まれたりもします。

つま先の出てるサンダルだと結構痛いんですよね、これが…
ヒールの靴で踏まれたら怪我をすることもあるかもしれない。

安全面からいっても、つま先までホールドされているデザインの方がいいかな〜ということで、今回はKEENを選びました。

色んなデザインがありますが、有名なのはNEWPORT(ニューポート)、CLEARWATER(クリアウォーター)、WHISPER(ウィスパー)など。

  • 足首と甲の部分を紐で調節できるのとでホールド感は抜群で、クッション性も良くてとても歩きやすい。
  • 裸足で履いても靴下で履いてもOK。
  • 靴底のソールはしっかり溝が刻まれていて、滑りにくくなっている。
  • いずれも水陸両用で、なんと洗濯機に突っ込んで丸洗いできる。

機能面でいえば、まさにこれは文句なしのサンダル。

一つだけ気になる点があるとすれば、見た目がかなりスニーカーすぎてちょっとゴツ目なところ…

機能的には本当に完璧なのですが、私的に見た目は結構重要です。

私はインドやパキスタンではずっと、両国の民族衣装であるシャルワールカミーズ(サルワールカミーズ、パンジャビドレス)を着ています。
今持っているものは、いずれももんのすごく厳選して布を選んで、自分のサイズぴったりに仕立ててもらったもので、外に行く時も、それに合ったデザインのサンダルやパンプスを履くようにしています。

先にあげたKEENのスニーカーは、Tシャツにジーンズみたいな格好にならば全然カッコいいと思うんですけど、
私としてはちょっと、シャルワールカミーズに合わせるにはあまりマッチしないなぁ…という感じ。

せっかく買うならデザインも含めて気に入ったものを履きたいし、でも機能的には多分これが最良だし…と悩みながら
アウトドアショップに置いてあったKEENのカタログを見ていた時に見つけたのが、
KEENのレディース専用モデルのローズサンダルでした。

スズケー
スズケー
あくまでも私はローズサンダルのデザインが好きというだけです。寒い時期に行くとか、よりスニーカーっぽい感じがいいとかならば、先ほど挙げた3つのタイプなどでもいいと思います。
あと、KEENはサンダルだけでなくスニーカー系もありますよ!

KEEN(キーン) ローズサンダル

KEEN ローズサンダルKEEN ローズサンダル

KEENのローズサンダルは女性専用モデルなので、ほかのシリーズに比べて、少し華奢でスマートなデザインになっています。
ごつさ控えめなので、シャルワールカミーズに合わせてもさほど違和感ありませんでした。

足の甲、つま先、足首をしっかりホールドしてくれるので、歩く時にも安定感あり。
そして軽いので疲れにくいです。
足首部分はマジックテープで簡単に締め付け具合を調整可能。
私は、マジックテープを外すことなく着脱可能でした。

他のシリーズは甲の部分も紐で締め付けて調整することが可能ですが、ローズサンダルはそれができないので、最初から、他の者より甲が低めに作ってあるみたいです。

もちろん、ローズサンダルも水陸両用なので水に濡れても大丈夫。
他のモデルに比べ布部分も少ないので、乾くのも早そうです。

実際にKEENのローズサンダルを旅先で利用した感想

このローズサンダル、実際に1ヶ月間パキスタン・フンザではいてみました!

スズケー
スズケー
めっちゃ良かった!
ちょっと高いけど買ってよかった…!

靴下を履いていても裸足でもどっちでも使えるので便利。

足首まで固定されているのでとても安定していて、そこもしっかり厚みがあるので1日15,000〜20,000歩とか歩いても、足裏が痛くなることがない。

砂場で砂が入ってもサンダルだからそのうち出て行くので気にならないし、
岩場でも全く滑らない。
足の甲もガードされる形になっているので、バイクに乗ると気とかも割と安心。

そしてシャルワールカミーズと合わせていても、さほど違和感のないデザイン。

何もかも文句なしです…!
もう、心から、みんなにおススメしたいサンダルです。

軽〜いプチトレッキング程度なら、多分このサンダルでも十分に可能です。

バックパッカーでサンダル購入迷ってる女性のみなさん、
マジいいですよ、KEENのローズサンダル!

ただ、KEENの中ではそこまでメジャーなシリーズではないので多分生産数が少なく、
毎年カラー展開などが微妙に変更したりしているので、
お好きな色があればすぐ買った方がいいと思います。

KEEN(キーン) ローズサンダルのサイズの選び方

KEENのサンダルを購入する方は、ワンサイズ大きめのものを選ぶ人も多いそうです。
少し幅がタイトな造りなんだとか。
ワンサイズ大きめを買っても、足首や好部分を紐で調節して履けるので、グラグラしたりすることがないのそうです。

もちろん店頭で試し履きしてサイズの合ったものを購入するのがベストなのですが
名古屋市内のKEEN取扱店でローズサンダルを置いてあるところが全くありませんでした…

仕方ないので、他のモデルを試し履きした感じを参考に、通販することにしました。

私は、先にも述べた通り、足の幅が狭く甲も低め。
足の実寸は23cm、ワイズはAAです。
普段は22.5〜23.5を履いています。
KEENのローズサンダルは23.5cmを注文しました。

23cm・ワイズAAの足で、KEENのローズサンダル23.5cmを履いた感じがこれっ!

KEEN ローズサンダル23cm、ワイズAAの足で23.5cmのローズサンダルを履いたところ

サイズは23.5cmでぴったりでした!
23cmだと、多分つま先が少し当たって気になる感じだったかもしれません。

さずがに私の足が幅狭すぎて、素足で履くと左右がガポガポな感じはしますが、足首がしっかりホールドされているのと、思っていたより甲が低めにできている感じで、歩きにくさは全くなし。
靴下を履いても少し大きいですが、気にならない程度です。

私は通常通りのサイズで問題なし!という感じでした。

ワイズが広い人や、甲が高めの人は、ワンサイズ大きめでもいいのかもしれません。

スズケー
スズケー
大きめでも、ホールド感があるので、多分そんなに歩きにくくないと思います。

KEEN ローズサンダルは見た目も重視する女性バックパッカーにおすすめ!

  • 歩きやすくて丈夫なサンダルが欲しい
  • 日常使いもできそうなどんな洋服にも合うシンプルなデザインのサンダルが欲しい
  • 街中はもちろん、山でも海でも川でも使えるサンダルが欲しい

KEENのローズサンダルは、そんなバックパッカーやアウトドア好きの女性にとってもおすすめできるサンダルです!

店頭で取り扱っているお店が少ないのがネックですが、
旅行中に履く靴選びに困ったら、ぜひぜひKEENも検討してみてはいかがでしょうか?

 

その他、パキスタン旅行に持っていくと便利な荷物などに関しては、
こちらの記事を参考に。

持ち物チェック用のリストもダウンロードできますよ〜。

パキスタン旅行の準備・情報 服装や持ち物
パキスタン旅行の準備・情報 服装や持ち物パキスタン旅行やフンザ滞在の準備や情報まとめ。服装や持ち物の紹介、パキスタン旅行で注意したいポイントなど。...

靴同様、もう一つの必須アイテムであるバックパックについてはこちら!

10年以上ずっと使える solo-touristのNバックパック
10年以上ずっと使える solo-touristのNバックパック15年以上使っているsolo-touristのNバックパックの紹介。バックパッカーにもおススメできる、使いやすい丈夫でしっかりした作りです。...
ABOUT ME
スズケー
スズケー
フンザ出身のパキスタン人と国際結婚しています。 デザイナーとライターとアーティスト、時々通訳をしつつ、 投資もやってます。 お金稼いでパキスタンと日本とインドと、好きに行ったり来たりしたい。
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報まとめ

パキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧はこちらから!

治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行や滞在に関する必要情報・便利情報をまとめた目次(サイトマップ)です。

パキスタン・フンザ ガイド
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報ガイドパキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧、目次。治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行に関する必要・便利情報まとめ。...
にほんブログ村 旅行ブログ パキスタン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ パキスタン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ご意見・ご質問などはメールフォームからどうぞ。
デザイナーとライターをしています。お仕事のご依頼やご相談もお気軽に。

コンタクト用メールフォーム

COMMENT

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントをどうぞ。

テキストのコピーはできません。