宗教(イスラーム)

2020年のラマダーンと新型コロナウイルス

2020年のラマダーンと新型コロナウイルス

こんにちは、スズケーです。

スズケー
スズケー
ラマダーン・カリーム!

昨夜新月が確認され、ラマダーン月がスタート。
というわけで、日本は今朝からラマダーンの断食が始まりました。
パキスタンは明日からの様です。

2月に、「今年のゴールデンウィークはラマダーンとかぶるので、パキスタンに行く方は注意を」という記事を書きましたが…
新型コロナウイルスの影響で、ラマダーンどころかそもそもパキスタンに行けなくなってしまいました(パキスタンは現在国際線の乗り入れを規制・停止中)。
それどころか、外出は自粛しよう、という流れに。

2020年のゴールデンウィークはラマダーンまるかぶり!
2020年のゴールデンウィークはラマダーンまるかぶり!イスラームの断食月・ラマダンについてと、ラマダーン期間中のパキスタン旅行について。2020年のゴールデンウィークはマラダーンにまるかぶりです。...

 

ゴールデンウィークの旅行を計画されていて、ギリギリまで粘っていた方もいるのではないかなと思いますが、さすがに今回はもう、諦めざるを得ないでしょうね。
そもそも、もうあまり飛行機が飛んでいないし…

私も「飛行機が安いなら北海道行きたい!」とか思ってましたが、いやいやいや、無理だし。
私自身も、飛行機とか、今乗りたくないし…

っていうか、いつ終息するんでしょうねー、これ。

 

ラマダーンと新型コロナウイルス

ラマダーンと新型コロナウイルス

本来なら断食をしつつも、夕暮れ時には友人や家族らと集まって楽しく過ごす期間であるラマダーン。

今年は新型コロナウイルスの影響で、ラマダーンの様子もちょっと異なるものになりそうです。

ムスリムの多い国で、この期間中にも新型コロナウイルスの感染拡大をどれだけ抑えられるのかが気になります。

ラマダーンについて、どういうものなのかはこちらの記事で確認を。
かわいい絵本なんかもあります。

2020年のゴールデンウィークはラマダーンまるかぶり!
2020年のゴールデンウィークはラマダーンまるかぶり!イスラームの断食月・ラマダンについてと、ラマダーン期間中のパキスタン旅行について。2020年のゴールデンウィークはマラダーンにまるかぶりです。...
created by Rinker
¥2,200
(2020/09/22 13:39:54時点 Amazon調べ-詳細)

イスラム暦で神聖な月とされるラマダンは約1カ月間続く。断食は信徒に課せられた「五行」の一つで、日中に飲食を断つことで貧しい人を思いやる気持ちを育み、神の恵みに感謝する。家族や親戚らと食卓を囲む「イフタール」(日没後の食事)を楽しみ、夜遅くまで人々が買い物に繰り出す。

新型ウイルスの影響でモスク(イスラム礼拝所)や商業施設が閉鎖されている国も多いが、ラマダンは信仰心が高まる時期でもある。宗教や伝統を重んじてモスクでの礼拝や外出をする人が増えれば、感染リスクが高まるとの懸念がある。国連のグテーレス事務総長は11日、ラマダンなどの宗教行事について、「家族が集まり、抱きしめ握手をする機会だが、今はこれまでとまったく違うときだ」と訴えた。

聖地メッカを抱えるサウジアラビアは、ラマダンの礼拝をモスクでなく自宅で行うよう求めている。聖地への巡礼も原則停止している。世界最多の信徒がいるインドネシアではテレビ会議システムを使って指導者の言葉を流して家から礼拝したり、日没後の食事をウェブで共有したりする動きが相次ぐ。一方、4月初旬に当局が禁じたモスクでの礼拝を無視して警察と衝突する騒ぎが起きたパキスタンは人と人の間に約2メートルの間隔を取ることなどを条件に、モスクでの集団礼拝を認めた。

引用元:ラマダンの様相一変 コロナか信仰か、悩むイスラム教徒

 

当然と言えば当然ですが、今年のラマダーンは、ムスリムが多い国では集団でのイフタールや礼拝を禁止したりしているようです。
みんなで集まっての礼拝もそうだけれど、
断食明けの食事(イフタール)でも、みんなで集まって一つの皿から食事をとるのはよろしくなさ過ぎる。

パキスタンのラマダーンと新型コロナウイルス

ただ、こういった制限に対し、やはり…と言うべきか、反発する人もいるようで。

先のニュースにも書かれているよう、パキスタンではそういった人々を抑えきることができずに、2m以上の間隔をあけることを条件に、モスクでの集団礼拝が認められることになっているところも…
(パキスタンは国としてのロックダウンはしておらず、州や都市ごとに規制があります。
なのでモスクでの礼拝に関しても、地域やコミュニティによって制限が異なります)

「人と交わらないラマダーン」を受け入れなければ、最悪の状態でイードを迎えることになるかもしれないというのが、未だわかっていないようで、
断食をしイスラームに向き合えばコロナにはならないとか、信仰は感染症をも制すると考えている人もいるんだろう、と思います。

信仰に身を捧げることも、厳しい生活の中で信仰という光を持つことも否定はしないけれど、
ウイルスには信仰心の強さなど関係ないのだよ…
どんなに信仰深かろうが、全く信仰を持っていない人だろうが、病気は平等に人を冒す。

信仰で病気が克服できるのであれば、今、世界はこんなに苦しんでない。

ギルギット・バルティスタンへ戻りたい

さて、フンザの人の多くが属しているのは、イスラームのイスマイリー派(イスマイール派)という宗派なのですが、
イスマイリーの人々は、ラマダーンの断食をしない人も多くいます。

「ラマダーン月に食事を絶つのではなく、いつも心と精神に斎戒を」だそうです。

イスマイリーでも、女性の中には、断食してる人もそこそこいます。
フンザにいるシーア派の人の中には、イスマイリーの人々がラマダーン月の日中にも普通に飲食しているのを見て、良く思っていない人もいます。

仕事や学業などでフンザ以外の場所に住んでいるイスマイリーの人々も、やはり断食をしない人が多いです。
自宅や、イスマイリーの人が経営するホテルやレストランで日中こっそり食事をとったりしています。

 

男女ともに教育普及率が高いフンザでは、大学のためにイスラマバードやカラチ、ラホールなど都会に出て行く若者もたくさんいるのですが、現在、彼らをフンザをはじめとするギルギット・バルティスタン州の自宅に戻そうという動きが出てきています。

新型コロナウイルスやロックダウンの影響で、両親に収入がなく、自分たちの学費や生活費などの仕送りも難しくなっているため、家に戻りたい。自分たちも家族と過ごしたい。

ということだそうですが…
多分、これからどんどん暑くなることや、ラマダーンが始まる関係もあるのでしょうね。

 

カラチの新型コロナウイルス検査会場カラチの新型コロナウイルス検査会場
画像引用元:https://pamirtimes.net/

現在カラチにいるギルギット・バルティスタン出身の学生は、コロナウイルス検査で陰性と確認の後、政府による移動許可のNOC(No Objection Certificate)が出て、家に戻れるようになるとか。
もちろん、ギルギット・バルティスタン州に到着した後は14日間の隔離。

フンザ以北は、いまのところ新型コロナウイルス感染者をゼロに抑えているのですが、この処置がギルギット・バルティスタン州に感染者を増やすことにならないといいのですが…

このニュースに対し「彼らはコロナ検査で陰性と証明されてるのに、ギルギットバルディスタンに戻ったら2週間隔離されなければならずかわいそう」 と言ってるパキスタン人が結構いて呆れました。
今陰性でも、カラチからフンザに戻る間に感染するかもしれないでしょ…
未だに隔離が必要な理由わからないのかな。

それにしても、コロナウイルスの検査会場がなかなかによろしくないよねっ。
一応間隔は空けてあるけどこれ、会場の外とかで知り合いに会ったりしたら、絶対普通に挨拶とかしてるでしょ。
あと、なぜパキスタン人はマスクをしないのか…

フンザを視察するギルギット・バルティスタンの州知事フンザを視察するギルギット・バルティスタンの州知事
画像引用元:https://pamirtimes.net/

新型コロナウイルス感染者数を0に抑えているフンザに、
先日、ギルギット・バルティスタンの州知事とその他大勢がこんな感じで視察に来ていました。

何たる距離感。

パキスタン人はおバカさんなのですか?
もしこの後フンザで感染者出たら、この視察のせいじゃないの…
(この前日に州知事は、感染者数が多いナガルへ視察に行っていました。)

 

PTIの政治家がギルギットバルティスタンを視察画像引用元:https://pamirtimes.net/

こちらはPTIのお偉いさんがギルギット・バルティスタン州のどっかの村を訪れた時の様子。
距離近いしマスクしてねぇええええw

政治家がこんな風なわけですから、国民に、マスクや人と距離を置くことの必要性を理解せよというのは無理な話なのかもしれません…

こんなんでよく、いまのところ感染者数が爆発的に増えずにすんでるなぁと感心します。

色んな意味で、安寧のラマダーンを

そんなわけで、2020年のラマダーンは、例年とは少し異なる様相となっていますが、
「人と交わらないラマダーン」は、ポジティブに捉えれば、
自分自身に静かに向き合い、信仰のあり方や、日頃の行いを見直す良い機会にもなるのではないかな、と思います。

静かなラマダーンを良く思わない人もいるのかもしれないけれど、
世の中のことは全てアッラーが定めているというのであれば、このコロナウイルスに関する一連の騒動も神が与えたことで、
それに対してどうするのが最善なのかを考え、行動するのがムスリムとしてすべきことなのでは。

皆様、良いラマダーンを。
断食される方は粛々と頑張って!

スズケー
スズケー
ちなみに我が家の場合、私はムスリムじゃないし、イスマイリーの旦那は断食しない人なので、ラマダーンだろうが特に関係なく、通常通りの日々です。
モスクでの礼拝  

お読みいただきありがとうございました!
コメント欄はちょっと下にあります。承認式ですが、コメントはお気軽にどうぞ。

ABOUT ME
スズケー
スズケー
フンザ出身のパキスタン人と国際結婚しています。 デザイナーとライターとアーティスト、時々通訳をしつつ、 投資もやってます。 お金稼いでパキスタンと日本とインドと、好きに行ったり来たりしたい。
 
にほんブログ村 旅行ブログ パキスタン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ パキスタン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
目指せブロガー!「旅をしながら稼ぐ」を実現するためのおすすめ教材
ホビリエイト・マスターズカリキュラム ロゴ

「楽しく稼ぐ」をモットーに、趣味や好きなことが仕事・収入に繋がるブログ運営を学べる講座。お手頃価格の参加費で、正統派のブログアフィリエイトのノウハウを0からしっかり習得できる、初心者さんにもおすすめの教材。
  
公式サイトを見る 紹介記事を見る

仮面ブロガーズ ロゴ

ブログで結果を出すための個別指導型オンライン学習コミュニティ。「ブロガー」として自分自身や自分の得意なことを商品にして、少ないアクセスでも好反応・高収入を得られる「資産となるブログ作り」を学ぶことが出来る。

公式サイトを見る 紹介記事を見る

イチ押し!自分のまつ毛をバッサバサに育てる究極のまつ毛美容液

まつ毛が短く、目もとに自信がない方へ。30日で実感、60日で感動できる「まつ毛」「まゆ毛」美容液。1日1回使用して、本当にまつ毛がバッサバサになりました!エクステやつけまつ毛のダメージで抜け毛が多い方にもおすすめ。

公式サイトを見る 紹介記事を見る

 
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報まとめ

パキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧はこちらから!
治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行や滞在に関する必要情報・便利情報をまとめた目次(サイトマップ)です。

パキスタン・フンザ ガイド
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報ガイドパキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧、目次。治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行に関する必要・便利情報まとめ。...
ご意見・ご質問などはメールフォームからどうぞ。
デザイナーとライターをしています。お仕事のご依頼やご相談もお気軽に。

コンタクト用メールフォーム

COMMENT

メールアドレスは非公開です(メルアド入力なしでもコメントできます)。
お気軽にコメントをどうぞ。

テキストのコピーはできません。