旅行・滞在情報

冬のフンザと旅行 バザールやホテルの状況

冬のフンザ 生活と旅行

こんにちは、スズケーです。

もうすぐ2019年も終わりですね。

今回の年末年始の休暇はそんなに長くはないとはいえ、会社勤めをしている方にとっては貴重なまとまったお休みです。
有給休暇などとくっつけて、海外旅行に行く方なんかもいるでしょう。

我が家は今年、ゴールデンウィークと有給休暇をひっかけてパキスタン・フンザに里帰りしてきたので、年末年始の休暇は特に予定もなく、家でゆっくり…となりそうです。

 

長くないお休みとはいえ、この年末年始に1週間〜10日間程でフンザに行きたい!という方もいるようで、それに関連してポツポツお問い合わせを頂いたりしています。

冬のフンザってどんな感じ?と気になる方もいるようですので、ご紹介しようと思います。

メールフォームにも記載していますが、
情報を旅行者同士でシェアすると言う観点より、旅行関連の質問は
質問内容に関連する記事のコメント欄でお願いします。
コメントでご質問いただいたものに関しては、わかることはお答えいたします。

スズケー
スズケー
「質問はコメントでとありましたが、メールさせていただきます」って書いてメールしてこられる方が結構いるんですが、”質問はコメントで”とわかっているのになぜメールをするのか…
メールでの旅行相談・質問の返信はしません。

 

冬のフンザの生活

冬のフンザ

冬のフンザの天気・気候

冬のフンザはどんな感じかと言うと…
やっぱり寒い!ひたすら寒いです…!

お天気は夏に比べ、曇り空が続くことも多いです。
もちろん、曇っていると山も見えません。
見えても、白い山と白い空で、境目がはっきりわからなかったり…

私が初めてフンザに行ったのは、やはり年末年始の休みの時で、カリマバードに4泊したのですが、ずーっと曇りでした。
結婚してフンザに1年住んでいた時も、冬の間はかなりの頻度で曇り空。
たまに晴れると空気もカラッとクリアで、山も綺麗に見えるのですけど…

私が住んでいる時は、フンザで雪が降ったのは3日程。
しかも粉雪がパラパラ待った程度で、薄ら積もった雪も、その日のうちに溶けてしまう程度でした。
旦那もフンザではそんなにいっぱい雪は降らないと言っていたし、
フンザは寒いけれど雪はそんなに積もらず、雪を見るならフンザよりもマリーなどのほうがいいんだな…と思っていましたが、
昨年のフンザは20年ぶり以上だという記録的な量の降雪があり、豪雪の冬となりましました。
12月末頃からほぼ連日雪が降り、冬の間、フンザはずっと雪に埋もれていました。

今年も雪が降り始めるのが早く、ゴジャールでは11月頃から積雪があったようなので、
この冬もまた、雪深いものとなりそうです。

フンザの雪景色

本来冬の間は雨も降らず、土砂崩れなどは少ないはずなのですが、雪が降れば当然土砂崩れなども発生しやすくなります。
また、雪で道が凍結し、車はスピードを出せませんし、事故も起こりやすくなります。
この冬にパキスタン北部を旅行される場合は、スケジュールには十分余裕を持っておくことをお勧めします。

 

冬のフンザの生活冬のフンザの生活 かまどの周りは暖かい

家の中も密閉率が低いためか外とさほど気温が変わらず、朝起きたらトイレの排水口の水が凍っていたことも。もちろん、室内のトイレです。

家の中ではキッチンや、かまどがある部屋など、やっぱり火を焚いているところが一番暖かいので、必然的にみんなそこに集まります。
そういう部屋以外は室内でもとにかく寒いので、外でも部屋でもずっとジャケットを着て生活していました。

私はわりと、寒さには強い方なのですが、そんな私が日常的にガンガンとカイロを使いました。
カイロとか湯たんぽとかは、冬のフンザでは本当に重宝します。
お土産に渡してもとっても喜ばれます。

旅行に行くなら、貼るカイロと靴下に貼るつま先用カイロをいっぱい持っていくといいと思います!
移動のバスの中でも腰と、つま先にカイロをくっつけておくだけでずいぶん暖かいです。
余ったり、帰る時に不要になったら地元の方にあげましょう。
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥592
(2020/01/29 17:49:09時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Hombasis
¥1,580
(2020/01/29 17:49:10時点 Amazon調べ-詳細)

パキスタンに持っていく日本土産
パキスタン人が喜ぶ!パキスタンに持っていく日本土産パキスタン人に喜ばれる日本のお土産の紹介。外国人だからといって日本っぽいものにこだわらず「使ってもらえるもの」を持っていくようにしています。...

不便な生活

フンザの家畜

とにかく冬は寒いし、観光業に携わっている人達は閑散期になるので、
家族や親戚がラワルピンディーやカラチなど、フンザ以外の場所に住んでいる場合は、冬の間フンザを離れて町中で過ごす人達もいます。

その場合は家畜の世話を人に頼んだりもしますが、売ってしまう方も多いので、冬前は家畜を安く購入するチャンスです。

冬をフンザで過ごす場合は、自分達だけでなく、家畜のための備蓄も大事。

 

中国との国境(フンジュラーブ峠)も閉まるので、流通もストップし、入ってくる物資もちょっと少なめになります。
野菜とかは根菜などの長期保存が出来る物が中心になり、葉もの野菜になかなかお目にかかれなくなります。

 

フンザは電気を氷河から溶け出す水の、水力発電でまかなっているのですが、冬の間はその水に量が減り、発電量が減るため、電気の供給が乏しくなります。
私が住んでいた時は、3日に1度くらいしか電気がきませんでした。

昨年はさらに電気事情が悪かったようです。
みんなスマホの充電なんかにもかなり苦労をしていました。

「持たない人」と「持てない人」
幸せな生活とは 「持たない人」と「持てない人」「持たない人」と「持てない人」について。電気やガス、便利な道具など、恵まれた環境の中で趣味として持たない生活をする人と、本当に何もない環境の中で持てない生活をしている人の違いについて。...

最近はみんな、LEDのランタンや置き型懐中電灯が出回っていますが、それまでは夜間に停電になればロウソクかガスランタンを使っていました。

1〜2日のことなら「ムードあるね〜!」でいいんですけど、毎日だと暗いし不便。

私はあんまり暇なので、ロウソクの消えるまでの時間をキッチリ計ったり、一度溶けたロウソクを集めてリサイクルして使うなど色々トライしていました。

created by Rinker
Coleman(コールマン)
¥8,416
(2020/01/29 17:49:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

冬のフンザの水路水路も凍るので、一部を割ってそこから水を汲む

水道管も凍って水が出なくなっちゃうので、水は水路に汲みにいき、大きなタンクに貯めて使っていました。
1月半ばから蛇口から水が出なくなり、3月末に水が出たときはもんのすごく感動して大騒ぎしました。
蛇口から水が出るって、当たり前って思ってたけど、場所によっては当たり前のことではないんだなってことを体験。

 

洗濯物は干していると凍ります。
室内でも凍っちゃうし、凍らなかったとしても乾かないので、
ストーブやかまどで薪を焚いて空気の温まっている部屋で干さないといけません。
それでも乾くまでにかなり時間がかかるので、洗濯するのが本当にストレスでした。
夏場は2時間くらいでパリッと乾くんですけどねぇ…

冬に布団を干す冬の晴れた日は洗濯したり、布団を干したり

冬のフンザ旅行

フンザの旅行シーズンはやはり春〜秋にかけてとなり、12月〜2月は、フンザを訪れる国内外の観光客は一気に減ります。

観光客が少ないので、お土産物屋さんや観光客向けのレストランやホテル、ゲストハウスは閉めているところも。
開けてたって、そもそもフンザに旅行者がいないので何にもなりませんもんね。

バザールを歩いてる地元の人もとっても少なめ。
お天気が悪いと山も見えない、店もあいてない、人も少ない、で、冬のフンザに観光に行っても、あんまりやることがありません。

友達とどこかでチャイを飲みながらお喋りする、それくらいです。

 

もちろん冬のフンザもそれはそれで趣があるのですが、曇りが続くと山が見えない可能性も高く、弾丸短期旅行で行くにはちょっと物足りない感じがするのではないかと。

運良く快晴の日に巡り合えると、白い山がそれはそれは綺麗なのですが…

ただ、今年も雪は多そうなので「雪で真っ白な山の中の村の景色を見たい!」とかなら良いのではないかと思います。

スズケー
スズケー
私なら冬場に1週間〜10日間くらいのお休みでパキスタンに旅行に行くならば、フンザではなく他の場所に足を運びます。
私は年末年始に初めてフンザに来て「なんか思ってたのと違った…」となり、夏にリベンジしてとっても感動しました。
フンザ初めてとかなら山は見えた方がいい。
快晴のフンザの冬の日冬でもお天気がいい日は、青い空に真っ白な雪山がくっきり浮かび上がります

お店やホテル、レストラン

お高めなホテルは、お客さんがいないながらも一応どこもあいています。
とにかく他にゲストがいないので、破格のお値段で宿泊できたりします。
せっかくなので、ちょっと豪勢に、お部屋にバスタブのついてるようなホテルに泊まってもいいのではないかと。

最近はお安めのホテル・ゲストハウスでも、ストーブや電気毛布を貸し出ししてくれるところも出てきました。
あ、もちろん電気毛布は停電してると意味ないですけどね!

ホテルの質は昔の比べ全体的に上がっているので、旅行者として数泊する程度ならば、冬でも大分滞在しやすくなったと思います。

スズケー
スズケー
さすがに今は無理ですが、私はダルバールホテルに1,000Rsで宿泊させてもらいました。
バスタブにお湯を目一杯はってゆっくり温まりました。フィルターはしてあるけれどフンザの水なので、お湯は濁ってますが、そんなのノープロブレム。

 

ローカルのレストランやチャイ屋は開いていて、暇な男性陣らが集まって話をしたり、カードゲームや双六みたいなのを楽しんでいます。
旅行者向けのレストランやカフェは閉まっているところも多いです。

お土産物屋さんは、大きめのお店だけあいています。

フンザの食堂

移動や観光

前述しましたが、本来冬の間は雨も降らず、土砂崩れなどは少ないはずなのですが、雪が降れば当然土砂崩れなども発生しやすくなります。
雪で道が凍結するので、車はスピードを出せませんし、スリップなどで事故も起こりやすくなります。

雪の多い冬にパキスタン北部を旅行される場合は、スケジュールには十分余裕を持っておいたほうが安全です。

長距離バスなどは、寒いフンザからラワルピンディーやカラチに向かう地元の人達が結構いるので、意外に混み合います。
バスのチケットは早めに確保しておいた方がいいかもしれません。

積雪量によっては、車が入っていけなくなるところもあり、観光に行ける場所にも多少制限が出ますが、
ゴジャール日帰り観光とかは普通に楽しめますよ!

観光用の車やタクシーのチャーターは、ガソリンの値段なんかがあるので、シーズンオフでもあんまり安くなりません。

フンザを満喫するなら春〜秋がおすすめ

冬のフンザ、ザックリとですが紹介いたしました。

たっぷりと雪をかぶった真っ白な山は本当に美しいし、寒い中で焚き火したり、みんなでくっついてチャイを飲んで温まるのも楽しいのですが、
やっぱりお天気や寒さの問題が、ね…

1週間〜10日間くらいのお休みでフンザに行く、と言うならば、
やっぱり春、夏、秋のいずれかがいいのではないかな、と私は思います。

それぞれの季節の特徴については、簡単にですがこちらで紹介しています。

パキスタン フンザ
フンザとは?桃源郷と呼ばれるパキスタンの観光地パキスタンの観光地・フンザの情報まとめ。旅行前の豆知識にもなる地理や四季などの風土、歴史、宗教や言語、食を始めとする文化についてなど、フンザの紹介。風の谷のナウシカのモデルでは?とか、桃源郷とも言われています。...
スズケー
スズケー
私的には、お天気がいい日が続きやすい夏と秋がおすすめです!

 

それでも年末年始にフンザに行くぞ!と決めた方は
とにかく防寒対策をしっかりして、冬のフンザを満喫してきてくださいませっ!

人が少なく、静かなフンザで暖かいチャイを飲みながら過ごす…なんて言うのもいいものです。

旅程には余裕を持つのをお忘れなく。
そして、カイロを持っていくのもお忘れなく。

せっかくのフンザ旅行です。お天気がいいといいですね!

天気がいい日はみんな嬉しい天気がいい日はみんな嬉しい
ABOUT ME
スズケー
スズケー
フンザ出身のパキスタン人と国際結婚しています。 デザイナーとライターとアーティスト、時々通訳をしつつ、 投資もやってます。 お金稼いでパキスタンと日本とインドと、好きに行ったり来たりしたい。
 
目指せブロガー!「旅をしながら稼ぐ」を実現するためのおすすめ教材
仮面ブロガーズ ロゴ

ブログで結果を出すための個別指導型オンライン学習コミュニティ。「ブロガー」として自分自身や自分の得意なことを商品にして、少ないアクセスでも好反応・高収入を得られる「資産となるブログ作り」を学ぶことが出来る。

公式サイトを見る 紹介記事を見る

パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報まとめ

パキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧はこちらから!
治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行や滞在に関する必要情報・便利情報をまとめた目次(サイトマップ)です。

パキスタン・フンザ ガイド
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報ガイドパキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧、目次。治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行に関する必要・便利情報まとめ。...
ご意見・ご質問などはメールフォームからどうぞ。
デザイナーとライターをしています。お仕事のご依頼やご相談もお気軽に。

コンタクト用メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ パキスタン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ パキスタン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ

COMMENT

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントをどうぞ。

テキストのコピーはできません。