パキスタンあれこれ

ケンブリッジ公爵夫妻のパキスタン滞在 キャサリン妃のファッション

ケンブリッジ公爵夫妻のパキスタン滞在 キャサリン妃のファッション

こんにちは、スズケーです。

ケンブリッジ公爵夫妻であるウィリアム王子とキャサリン妃が、イギリスのロイヤルファミリーとしては13年ぶりにパキスタンを訪問しました。

10月14日〜10月18日の、5日間の滞在でした。

イギリスにさほど興味ないし、キャサリン妃にも別に興味なかったんですが、
今回はパキスタン外遊ということで、
キャサリン妃はパキスタンやイスラームを意識したお洋服を用意されていたようで、どんなの着てるの?っていうのだけちょっと気になり、ニュースを見ていました。

キャサリン妃は毎回、着ているお洋服とかも注目を浴びていますよね。
今回パキスタンでは、民族衣装のシャルワールカミーズも着用していました。

せっかくなので、キャサリン妃がパキスタン滞在に中に着ていたお洋服をズラッとまとめてみようかと思います。

アクセサリーやバッグ、靴まではさほど興味ないので、お洋服のみで。

パキスタンでわりと名前をよく聞くブランドのシャルワールカミーズも着用していたようですが、全部オートクチュール、キャサリン妃のための特別オーダーみたいですね〜。

パキスタンの民族衣装・シャルワールカミーズ
パキスタンの民族衣装・シャルワールカミーズパキスタンの民族衣装、シャルワールカミーズの紹介。カミーズと呼ばれる丈の長いチュニック、シャルワールと呼ばれるゆったりしたパンツ、ドゥパタと呼ばれるショールの3点セットの民族衣装。インドのサルワールカミーズとの仕立ての違いを紹介しています。...
写真を探すのが大変だったので、Getty Imageからさくっとはりつけしています。

 

パキスタンでのキャサリン妃の衣装

さすがロイヤル、さすがキャサリン妃。
5日間の滞在で何度もお着替えしていて、全部で9スタイルがあったみたいです。

インドでもパキスタンでも3〜6ヶ月の滞在中、3着のシャルワールカミーズのみで過ごす私のような庶民とは違います(当たり前)。

スズケー
スズケー

私は、結婚後フンザに1年住んでいた時も、もともと1年程で日本に行く予定だったこともあり、冬用シャルワールカミーズ×3着、夏用シャルワールカミーズ×3着のみで生活していました。

パキスタン滞在 DAY1

パキスタン到着時。
イスラマバード空港へ。到着は夜だったようです。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

  • ワンピース:Catherine Walker & Co.
  • ピアス:Zeen
  • バッグ:Zeen

最初にパキスタンのニュースサイトで写真を見た時「あれ?シャルワールカミーズ着てるの?」と一瞬思ったのですが、
よくよく見てみたら胸元のドレープはドゥパタではなく飾りで、
どうやらワンピースにパンツを合わせているんだそうです。

ふわっと風をはらむ素材の水色のグラデーションワンピースに、同色のパンツを組み合わせ、「シャルワールカミーズ風」にして着用しています。
袖口のボタンがかわいい。

シンプルだけど、何ともお品のあるデザイン。

パキスタン滞在 DAY2

この日はパキスタン首相イムラン・カーンとの会談や、レセプションパーティがあり、3回のお召し替え。

 

イスラマバードで学校(Islamabad Model College for Girls)見学とマルガラ丘の国立公園の見学。

ウィリアム王子とキャサリン妃は教育の重要性を意識していて、イギリス式を元にしたパキスタンの教育方式の成果を目にして喜ばれていたそうです。

個人的には、こういういいとこの学校だけ見学したって意味なくない?と思わないでもない。
私立と効率の教育は雲泥の差があるし、学校に行けない子供達も多い。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

  • シャルワールカミーズ:Maheen Khan

パキスタン人デザイナー・Maheen Khanの青いシャルワールカミーズ。
胸元には刺繍。
ボトムはインドで「パキスタンスタイル」と呼ばれている、ストレートパンツスタイルです。

最近のパキスタンのハイブランドは、ボトムはゆったりしたシャルワールや、裾をくしゅくしゅたるませてはくチュリダールではなく、
こういうストレートパンツのデザインが多いです。

個人的には、スーツのパンツみたいにピッチリ真ん中に折り線ついてるのがオッサンみたいで好きじゃない。

 

お昼からは、パキスタン首相イムラン・カーンとの会談。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

  • ワンピース:Catherine Walker
  • パンツ:Maheen Khan
  • ショール(ドゥパタ):Bonanza Satrangi

パキスタンの国旗を意識した緑と白のスタイル。

ジャケット風ワンピースに白いパンツを合わせています。
洋風ミックススタイルで別々に用意されたはずなのに、きちんとドゥパタも用意されてるのが用意周到。
ショールは11ドルだとか。お手頃価格。

 

夜はパキスタンナショナルモニュメントで開催されたパキスタン駐在の英国高等弁務官主催レセプションパーティ。
ウィリアム王子とキャサリン妃は、パキスタンのトラックアートのペイントが施されたオートリキシャーにのって登場しました。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

  • ガウンドレス:Jenny Packham
  • ウィリアム王子のシェルワニ:Nauman Arfeen

夫婦揃って深緑の衣装。
キャサリン妃はドレスですが、ウィリアム王子がパキスタンの男性の民族衣装であるシェルワニを着用していました。

長身なのでお似合い。
しかし何だろう、物足りない。
あれか、ヒゲか。ヒゲが足りないのか。

パキスタン滞在 DAY3

アフガニスタンとの国境にも近い、チトラール各地を訪問。
1日でかなり移動していたので、バックパッカーの性として当初「え、この距離を1日で見学とかめっちゃ無理じゃね!?」と思いましたが、
陸路移動のはずないですよね。
恐らくはヘリコプター移動なのではないでしょうか…

遠出&歩く予定が多いためか、ウエスタンな装い。

チトラール空港到着後、ブロギール国立公園で溶解が進んでいるチアティボ?(Chiatibo)氷河を視察。

それから、ムスリムではなく独自の信仰と文化を守って生活しているパキスタンの少数民族・カラーシャ族の住むカラシュバレーも訪問。

チトラール・カラシュバレーへのアクセス カラフルなカラーシャ族 
チトラール・カラシュバレーへの行き方・アクセス カラフルなカラーシャ族 パキスタン北部・チトラール(チトラル)やカラシュバレーへのアクセス・行き方のまとめ。パキスタンのチトラールに住むカラフルな民族衣装が有名な少数民族・カラーシャ族について。...

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

  • シャツ:Mint Velvet(?)
  • ベスト:Really Wild(?)

この日の衣装は特定が難しいとかなんとか。

1枚目の写真でご夫婦が羽織っているジャケットは、パキスタン北部の伝統的なウールのジャケット。
フンザでも特別な来賓客があったりするとよくプレゼントしています。
日常的に着てる方はほとんど見ません。

キャサリン妃がかぶっている帽子はチトラールやアフガニスタンで使われている帽子。
本来は男性用です…

2枚目の写真では、カラーシャの人達の伝統的な帽子をかぶっています。

パキスタン滞在 DAY4

この日はラホールに滞在。

 

孤児院を見学。
子供達の誕生日パーティーに出席したり、クリケットを楽しんだり。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

  • シャルワールカミーズ:Gul Ahmed

上下白のシャルワールカミーズがかわいい。
カミーズ全面にパキスタンの国花であるジャスミンの刺繍が施されているみたいです。

オートクチュールなので同じものはないですが、Gul Ahmedで、似たデザインのシャルワールカミーズの取り扱いはあるそうです。

 

バドシャーヒーモスクを訪問。
イマームからお話を聞いたりして、ウィリアム王子が「宗教的寛容」について多くの質問をしたとのこと。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

  • シャルワールカミーズ:Maheen Khan

ターコイズブルーのシフォン生地に、胸元にはゴールドの刺繍。

これはキャサリン妃のために特別にデザインしたもので、このデザインはもちろん、似た雰囲気のシャルワールカミーズの販売予定もないそうです。

パキスタン滞在 DAY5

パキスタン滞在最終日。

本当は前日夜にラホールからイスラマバードに戻る予定だったそうですが、
イスラマバードが嵐のため、飛行機が着陸できず、ラホールに宿泊。

アフガニスタンとの国境付近の山岳部の見学を予定していたそうですが、スケジュールが変更になったみたいです。

 

翌日無事、イスラマバードに戻った模様。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

  • シャルワールカミーズ:Élan

白地に黒でお花の刺繍。

私はキャサリン妃のパキスタン滞在中の装いの中では、これが一番好きです。

このÉlanのシャルワールカミーズはキャサリン妃のためにデザインされたものだそうですが、
次の春のコレクションとして、同じデザインのものを70〜100ポンド程で販売予定とのこと。

10,000〜14,000円程度…
結構しますね…

 

陸軍のドッグトレーニングセンターを見学。
英国国防動物訓練センターをモデルにしているんだそうです。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

  • ジャケット:Beulah

イギリスに戻られるためか、シャルワールカミーズではなく洋装ミックススタイルでした。

VIPの装いは見ていて楽しい

以上、パキスタン滞在中のキャサリン妃のお洋服一覧でした。

パキスタンの民族衣装であるシャルワールカミーズも着用しておられましたが、
基本的にはゴッテゴテの民族衣装調ではなく、ボトムにストレートパンツ系を合わせることで、民族衣装というよりは、少しエスニックなチュニックスタイルとして着用されていることがほとんどでした。

これがキャサリン妃スタイルか。

VIPの方々の着用しているお洋服は、私のような庶民にはとても手の出るお値段ではないけれど、見てるだけでも楽しいですね。

 

シャルワールカミーズをオーダーする時のブランドなど、ご自分でチョイスされたのか、スタイリストさんが選んだのか?というのも気になるのですが、
もう一つ気になるのは、

今回のために用意されたシャルワールカミーズは、今後着る機会はあるのだろうか?

ということ。

まぁ、私が心配することではないですが、多分着る機会ないんだろうなぁ…

たった1日数時間着用するためだけに特別オーダーして、着回しも一切せずに毎日変えて着るとか、ロイヤルならではだなぁと思いますが、
ちょっとくらい着回ししたっていいんじゃない?って気はしないでもないです。

 

あ、来春販売される、キャサリン妃が着てたのと同じデザインのÉlanのシャルワールカミーズはこんな感じだそうです。

かわいい。けど1万円ならいらない。
あと、シルクだそうなので、お洗濯すると縮んじゃうしね。

キャサリン妃が着用していたELANのシャルワールカミーズ
キャサリン妃が着用していたELANのシャルワールカミーズ

キャサリン妃が着てるのと同じ…ではないですが、日本でもシャルワールカミーズ、通販などで購入できますよ。
「シャルワールカミーズ」よりも「パンジャビドレス」で検索した方が、たくさん出てくると思います。

パンジャビドレス(サルワールカミーズ、シャルワールカミーズ)
created by Rinker
¥12,960
(2019/11/20 20:05:45時点 楽天市場調べ-www.rakuten.co.jp)に表示されている価格がその商品の販売に適用されます。">詳細)

 
ABOUT ME
スズケー
スズケー
フンザ出身のパキスタン人と国際結婚しています。 デザイナーとライターとアーティスト、時々通訳をしつつ、 投資もやってます。 お金稼いでパキスタンと日本とインドと、好きに行ったり来たりしたい。
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報まとめ

パキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧はこちらから!
治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行や滞在に関する必要情報・便利情報をまとめた目次(サイトマップ)です。

パキスタン・フンザ ガイド
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報ガイドパキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧、目次。治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行に関する必要・便利情報まとめ。...
ご意見・ご質問などはメールフォームからどうぞ。
デザイナーとライターをしています。お仕事のご依頼やご相談もお気軽に。

コンタクト用メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ パキスタン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ パキスタン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ

COMMENT

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントをどうぞ。

テキストのコピーはできません。