パキスタンあれこれ

パシュトゥン人が好き フンザにもいるパシュトゥン人

パシュトゥン人が好き フンザのパシュトゥン人

こんにちは、スズケーです。

非常にどうでもいい情報ですが、私はパシュトゥン人が大好きです。
フンザにも仲良しのパシュトゥン人がいっぱいいます。

なんでこんなにパシュトゥン人が好きなのか…
パシュトゥン人は、なんというか、昔の侍とかに通ずるところがあって、
武士道好きな私的にはつぼなんですよね!

というわけで、パシュトゥン人のご紹介を。

 

パシュトゥン人

ペシャワール 旧市街のバザールペシャワール 旧市街のバザール

パシュトゥン人は、アフガニスタンやパキスタン北西部のカイバル・パクトゥンクワ州に居住する民族で、インド・ヨーロッパ語族イラン語派のパシュトー語を話します。
パキスタン人口の11%程を占めると言われています。

パキスタンではペシャワールがパシュトゥン人の伝統的な主要都市。
カイバル・パクトゥンクワ州だけでなく、バロチスタンの北部にもパシュトゥン人が住んでいます。

「パターン」と呼ばれることもありますが、これはイギリスを中心とする西洋人からの他称で、パシュトゥーンの複数形「パシュターナ」がなまったものと言われています。

「パターン」という名称は、「インダス川向こうの野蛮な民族」という蔑称的な意味合いで使われている、と言う話もすっごく昔に何かの本で読んだことがあります。
実際インドやパキスタンでは「パターン人=野蛮」のような差別意識を持ってる人もいます。

イラン系の民族で、少しヨーロッパよりの顔立ちをしている人も多くいて、髪の毛や瞳の色も真っ黒と言うよりは茶色っぽい人が多いです。
中にはほぼ金髪に近い髪の毛の人や、ブルー、グルーンなどの瞳の人も。

パシュトゥーンワリと呼ばれる独自の部族習慣や規律が根強く残っていて、パシュトゥンとしての誇りを重んずる男性が多いのが特徴です。

日本でも有名なインドの映画スター、シャー・ルク・カーン(shah rukh khan)もパシュトゥンです。

シャー・ルク・カーン自身はインドのデリーで生まれていますが、彼のお父さんは独立分離前のパキスタン出身。現在もペシャワールのキサハニ・バザールに親類が住んでいます。

シャー・ルク・カーン

パシュトゥーンワリ=任侠道

パシュトゥンの人達が大事にしている部族間の掟がパシュトゥーンワリ。
イスラム法(シャリーア)とはまた別のものです。

具体的にどんなものがあるのかまでは詳しく知りませんが、
「名誉」を全ての根底として、正義、武勇、独立心、女性隔離、復讐、客人歓待、弱者の救済などに関する掟があるようです。

私は旅行者で外国人なので、中でも「メヘマン・ナワーズ」と呼ばれる”客人歓待”でパシュトゥーンワリを実感することが多いのですが、
ペシャワールにいると「自分たちはパシュトゥンだから」という理由で、本当に驚く程親切にしてくださる方が多いです。
1つ質問すれば、10くらい親切にしてくれる。
しかも本当に一切見返りを求めない。

スズケー
スズケー
もちろん、他の地域・他の民族でも親切な方はいます。
私がパキスタンで受けた親切No.1はラワルピンディーで起きた出来事なのですが、小さな親切の起きた回数で言えば、ペシャワールが一番多いです。

なんというかパシュトゥーンワリは、
“仁義を重んじ、困っていたり苦しんでいたりする人を見ると放っておけず、彼らを助けるために体を張る”という任侠に通ずるものがあり、
昔から武士道とか任侠道とかが大好きな私的には、とっても心揺さぶります。

アンダルシェールの宝石商

パキスタンの人って、パシュトゥン人だけでなく、自分の民族や出身地が大好きな人が多く、みんなそれぞれに自分の属するものにプライドを持っていますが、
プライドが高すぎて他のエリア・民族を軽視することも結構多い。

例えばラホールを中心とするパンジャーブの人がパシュトゥン人を「野蛮・学がない」と見下したり、
カラチの人がインドがルーツの人を「ムハージル」と呼んで余所者扱いしたり、
フンザのイスマイリーの人が「他の地域のムスリム達は女を差別して、遅れてる」と言ったり。

だけどパシュトゥンの人達が、他の地域・民族を見下すような発言をするのはほとんど聞いたことがありません。ほとんどどころか、全く聞いたことないかも。
そういうとこもイカしてて好き。

パシュトゥン人の好きなところ

私がパシュトゥン人を好きな一番の理由は、先程述べた「パシュトゥンワリが任侠道と通じるところがある」ところなのですが、
他にもいくつか理由があります。

自分たちの文化が大好き

彼らは自分たちがパシュトゥンであることに誇りを持っていて、その文化をとても大事にしています。

私は普通に会話まで出来る言語は日本語とウルドゥー語だけなのですが、
挨拶とかちょっとしたフレーズは、フンザのブリシャスキー語、パンジャーブのパンジャービー語、そしてカイバル・パクトゥンクワのパシュトゥー語も覚えています。
どのエリアでも、地元の言葉で挨拶したりすると喜ばれますが、
中でも、もんのすごく喜んでテンションが上がり、ビビるくらいのおもてなしをしてくれるのがパシュトゥン人。

自分たちの文化が大好きで、それを外国人が知ってるのが嬉しいんだな〜って言うのがめっちゃ伝わって来て微笑ましい。

バススタンドで働くちびっ子パシュトゥンバススタンドで働くちびっ子パシュトゥン

ゆったりしたパシュトゥー語

パシュトゥー語はウルドゥー語とかよりも、ちょっとゆったりめの口調で話す方が多い気がします。
ゆったり・ぼんやりした感じの響きと口調が好き。

カタコトでいいのでもっとパシュトゥー語覚えたい。

created by Rinker
¥2,860
(2019/11/14 20:06:24時点 Amazon調べ-詳細)

ヒゲとシャルワールカミーズ率が高い

私は制服とか民族衣装とかが大好きなんですが、
ペシャワールは他の地域よりもさらにシャルワールカミーズ着用率が高くていいです。

あと、渋いヒゲメンズ・ヒゲ親父が多く、ビジュアル的にもイカしています。
「めっちゃ怖そうなんだけどこのひげの人…」みたいなおじさんが笑ったりするとたまりません。

ご飯がおいしい

パンジャーブ州に比べてスパイス控えめのシンプルな料理が多く、
スパイシーすぎないのでヒーヒー言わずにおいしく頂けます。

以前連れていっていただいた、ナマックマンディにあるハビービーと言うレストランのバーベキューと、サダルの道ばたでおじいさんが炊飯器に入れて売ってるプラオが大好物です。

あと「カワ」と呼ばれる甘いグリーンティーを飲む文化もあり、私はチャイよりカワが好きなのでそれも嬉しい。

ナマックマンディのハービービーのバーベキュー

フンザのパシュトゥン人

私が結婚し、1年程住んでいたフンザにも、パシュトゥン人はたくさん住んでいます。

パシュトゥンの人達は「技術職」的な仕事をしてることが多く、
フンザでも靴直し職人・大工・床屋・ドライバーなどとして仕事をしているパシュトゥン人がたくさんいます。

スズケー
スズケー
顔とか話し方でパシュトゥン人とわかるので、見かけたら積極的にパシュトゥー語で挨拶します。
パキスタン全土で言われているのか、フンザでだけ言われているのかはわかりませんが、
パシュトゥンの人達は、仕事が早くて正確ということで有名なんだそうです。
カリマバードのヒルトップホテルを増築するときも、ギルギットからパシュトゥンの大工さん達を呼んで来て作ってもらっていました。
ちなみに、薬屋と仕立て屋はシク教徒が有名。私もインドでサルワールカミーズの仕立てをお願いする時はシク教徒のマスターがいるお店でお願いしています。

ちょっとですが、フンザにいるパシュトゥンの人達の写真を。

アリアバードの床屋さんアリアバードの床屋さん
スタッフは全てパシュトゥン人
フンザにいるパシュトゥン人の床屋さん床屋さんの元スタッフ
すごいイケメンだったんだが、アフガニスタンにジハードに行き亡くなったそう
カリマバードの靴修理屋さんカリマバードの靴修理屋さん
この人が一番丁寧にしっかり直してくれる
パシュトゥンの大工さんフンザのホテル建設に来ていたパシュトゥンの大工さん達
いつも遠くから挨拶してくれた
リンゴを詰めるフンザにいるパシュトゥン人パシュトゥー語で挨拶したら手招きされて、箱一杯のリンゴをくれようとした。
そんなに持てない(笑)

 

あとはこの、ヒゲメンズを紹介しただけの記事にも、パシュトゥンの人々の写真をアップしています。

パキスタンの愛すべきヒゲ達
パキスタンの愛すべきヒゲ達シンプルでファニーなパキスタンの愛すべきヒゲメンズ達の写真まとめ...

こんな本も。
ちょっと見てみたい。

 

パキスタン人の間で、なにかと軽んじられがちのパシュトゥン人ですが、
打ち解けたらこんなに親切な人達はいないと思うし、とっても頼りになる人々だと思います。

彼らが多く住むペシャワールと言う街も、ラホールやラワルピンディーとはまた違ったとっても魅力的な場所なので、
パキスタンに旅行で訪れた方は、お時間があればぜひぜひ足を伸ばしてみてくださいませ。

 
ABOUT ME
スズケー
スズケー
フンザ出身のパキスタン人と国際結婚しています。 デザイナーとライターとアーティスト、時々通訳をしつつ、 投資もやってます。 お金稼いでパキスタンと日本とインドと、好きに行ったり来たりしたい。
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報まとめ

パキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧はこちらから!
治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行や滞在に関する必要情報・便利情報をまとめた目次(サイトマップ)です。

パキスタン・フンザ ガイド
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報ガイドパキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧、目次。治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行に関する必要・便利情報まとめ。...
ご意見・ご質問などはメールフォームからどうぞ。
デザイナーとライターをしています。お仕事のご依頼やご相談もお気軽に。

コンタクト用メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ パキスタン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ パキスタン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ

POSTED COMMENT

  1. アバター ひろ より:

    ペシャワールに多くいる人たちはパシェトン人だったんだ。今更で恥ずかしいけど。顔つきが違うなーとしか認識してなかったよ。良い記事をありがとう。 ひろ

    • スズケー スズケー より:

      ひろさん

      パシュトゥン人だけでなく、日本人っぽい薄めの顔のハザラ人とかもいるけどねー。

  2. アバター HIRO より:

    スズケーさん、

    ギルギットから飛べたので浮いた時間でパシャワールに1泊して来ました。旧市街に宿泊しましたが、想像どおりの魅力的な街ですね。お茶の誘いも幾度となくあり大変でした。

    • スズケー スズケー より:

      HIROさん

      旧市街で少し道を外れると、ハヴェーリー(昔の貴族のお家)なんかも結構あって、趣がありますよね。
      雰囲気のある大好きな街です。
      ご飯もおいしいですしねっ!

      • アバター HIRO より:

        スズケーさん

        ペシャワールのストリートフードいいですね。マトンカライやマトンプラオはさすがにおいしかったです。

COMMENT

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントをどうぞ。

テキストのコピーはできません。