国際結婚

なんで日本とパキスタン、両方に住みたいのか。永住権はあるけれど…

日本の永住権の問題

こんにちは、スズケーです。

スズケー
スズケー
お金を貯めてパキスタンと日本に住みたい。
っていうか、フンザに自分好みの綺麗な家建てたい。
台所がかまどだと、私じゃ火が起こせないし不便すぎる。

って言うのが私の希望なんですが。

私、パキスタン好きだし、言葉もできるし、住んでた時も何も不便なかったし、
今ではフンザでもwifiがあって、
スマホでインターネットできるくらいになったし(スピード遅いけど)、
昔よりずいぶん生活するのも楽なので、パキスタンに完全移住とかでも問題ないと言えば問題ないのだけれど。

でも色々考えると、年1回は日本に戻ってこないとなぁ…って気がするわけです。

 

日本にも住みたい理由

もちろん私が日本人で、家族や友人が日本にいるっていうのが一番の理由ですが。
他にも色々理由はありまして。

年金の受給資格を満たしていない

うちのパキスタン人の旦那ももちろんちゃんと、税金やら年金やらを日本に納めているわけですが、現時点ではまだ、
公的年金をもらうために必要な期間(受給資格期間)の10年間を満たしてません。

まだ日本に住み始めて10年経っていないしね…

せっかくこれまで払っているので、年とったら年金は受給したいし、
少なくとも年金の受給資格期間を満たすまでは、絶対に日本脱出はできません。

でもあとちょっとのはず。

日本にいない期間によっては永住権が取り消される

旦那は日本の永住権を持ってます。

スズケー
スズケー
永住権を持っていたら、ビザの更新とかもう一切何もしなくても、そのままずっと日本に住めて、好きなだけ出入国できるんじゃない?

って思ってたんだけど、どうやら違いました。

たとえ永住権を持っていても、
日本出国時点から1年以内に日本に戻らないのであれば「再入国許可」が必要
だそうな。

そして、日本出国時点から5年以上日本に戻らなかった場合は、永住権は喪失。
その後また日本に来る場合は、短期滞在ビザや配偶者ビザを取り直さないといけないんだって。

こういうことらしい。

永住権取得者の再入国ルール

1年以内の出国 「みなし再入国制度」により、自由に出入国可能
1年を超え5年以内の出国 出国前に「再入国許可」が必要
5年を超える出国 永住権喪失。再度ビザを取得する必要がある。

まぁ、永住許可をとったといっても、外国人だしね。
日本に帰化しない限り、やはりある程度の制限があるのは仕方が無いかもしれない。

永住権をとるのには、単に必要書類を提出しただけで、これといって大変なことはなかったけれど、申請から永住権の許可が下りるまで、半年以上かかった気がします。

永住権取得まで、手間はなくても待つ時間は長かったし、
普通の配偶者ビザだと数年に一度、更新のたびに入管に行かなければならないし、もちろん更新のためのお金もかかるし、
やっぱり永住権はきちんと確保しておきたい。

というわけで、長期間日本に戻らない、本格的なパキスタン移住は選択肢にありません。

まぁさすがに5年間一度も日本に戻らないということはないだろうし、再入国許可を取っておけばいいんだけれど。

 

ちなみに永住権は、3年くらい日本に住んで永住権の申請基準を満たしたので申請し、
確か半年〜10ヶ月くらいの審査のあと、もらえました。

  1. 1年の配偶者ビザ(パキスタンで取得)
  2. 3年の配偶者ビザ(日本で更新)
  3. 永住権申請
  4. 前のビザの期限内に永住権の結果が出ず3年の配偶者ビザ
  5. 永住権取得

取得の流れはこんな感じだったかと。
わりとスムーズにもらえたと思います。

こんな本もあるみたいだけど、別に普通に、入管の申請用に必要事項書いて必要書類提出しただけ。
何も難しくなかった。

パキスタン人との結婚の手続きや配偶者ビザの申請に関しては、こちらに情報をまとめています。

パキスタン人との結婚手続き〜配偶者ビザ申請
パキスタン人との結婚手続き〜配偶者ビザ申請 手順と必要書類(日本で結婚する場合)パキスタン人と日本で国際結婚する場合の結婚手続きから、配偶者ビザ申請の方法まとめ。日本の婚姻届提出、モスクでの二カー、パキスタン大使館への届け出の際の必要書類や、その後の配偶者ビザ申請方法について。...

お金の問題

うちは今、旦那と私と二人の名義で、積立型の生命保険をかけてます。

私達は子供を持ってないし、私も旦那も収入が多いとは言えない。
年金だってどうなるかわからないし、
旦那はもとより、私も独身の時に住民票を抜いてずっとインドとパキスタンにいたりしたので年金の加入期間が同世代の人より短く、当然受給できる金額も少ない。

なので、老後資金を自力でためるために、利回りのいい積立型の生命保険に外貨建てで加入しているんだけれど。

パキスタンは日本よりも物価が安いけれど、もちろんその分お給料も少ない。

今かけている積み立ての生命保険は、月額でそれなりの金額、
パキスタンの一般公務員のお給料よりも多い金額をかけているので、あちらを生活のベースにするとなるとそれが払えなくなってしまうという…

今解約するとマイナスになっちゃうし、ある程度先が見えるまで払い込みしないかぎり、完全パキスタン移住は無理なのです…

あ、私の投資がうまくいって、パキスタンにいてもガンガンお金が入ってくるようになれば、この問題は解決するけれども。

年1回は温泉宿で温泉三昧したい

これは完全に趣味ですが。

私も旦那も温泉が好きなので…
年に1回は「旅館に泊まって温泉に入ることを目的とした旅行」がしたい。

チェックインも一番にして、ひたすら温泉入って、部屋で本読んだりのんびりして過ごす。
年に1回はこれがしたい。

パキスタン・フンザにも、フサニという場所に行けば温泉があるのですが、
もちろんちゃんとした「お風呂」になってるわけではなく、
目隠しも仕切りもない完全フルオープンなので、私では絶対に入れません。
(地元の男の子とかはパンツ一丁で入ってたりする)

パキスタンにも住みたい理由

私は日本よりも、インドやパキスタンの方が友達が多いです。
なので、あちらにいた方が友達と喋ったり、出かけたり、お茶飲んだりすることが多く、楽しい。

もちろん、住んでいれば、人間関係のいざこざもあるし、
イヤなことも見聞きするし、いいことばっかりではないけれど、
なんにも取り繕わなくていい、気心の知れた友人と一緒にいれるというのはやっぱり嬉しい。

フンザで一番仲のいい友達、通称めだかちゃんは、
女の子大好きだし、冗談ばっかり言ってるし、他に女の子がいると私のことを邪険にするけど、
頭の回転早いし、私が沈んでいると気にかけて楽しい話をしてくれるし、気を使わずになんでも話せるし、本当に大好き。

フンザでめだかちゃんと

フンザに住んでいた時も、旦那と喧嘩したり、イヤなことがあったりすると、必ずめだかちゃんに泣きついていました…
何度迷惑をかけたことか。

ちなみに日本にいる時も、めだかちゃんには電話をします。
めだかちゃんが相手してくれなかったら悲しくて死ぬ。

せっかく国際結婚なんだし

こんな風に色々理由はありますが。

せっかく国際結婚しているんだし、
日本にもパキスタンにも、ほとんど制限なく住むことができるのだから、
好きな時に好きなように、どちらにでも行けるといいよね。

というのが、一番のシンプルな理由です。

日本にもパキスタンにも、いいところも悪いところもあるし。

それぞれのいいところを
うま〜く自分たちの生活に取り入れていけるといいなと思ってます。

 

私が住んでいたフンザがどんな場所かというのは、ここら辺の記事を参考にしてみてください。

パキスタン フンザ
フンザってどんな場所?桃源郷と呼ばれるパキスタンの観光地パキスタンの観光地・フンザの基本情報。風の谷のナウシカのモデルでは?とか、桃源郷とも言われています。旅行前の豆知識にもなる地理や四季などの風土、歴史、宗教や言語、食を始めとする文化についてなど、フンザの紹介。...
「持たない人」と「持てない人」
幸せな生活とは 「持たない人」と「持てない人」「持たない人」と「持てない人」について。電気やガス、便利な道具など、恵まれた環境の中で趣味として持たない生活をする人と、本当に何もない環境の中で持てない生活をしている人の違いについて。...
ABOUT ME
スズケー
スズケー
フンザ出身のパキスタン人と国際結婚しています。 デザイナーとライターとアーティスト、時々通訳をしつつ、 投資もやってます。 お金稼いでパキスタンと日本とインドと、好きに行ったり来たりしたい。
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報まとめ

パキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧はこちらから!

治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行や滞在に関する必要情報・便利情報をまとめた目次(サイトマップ)です。

パキスタン・フンザ ガイド
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報ガイドパキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧、目次。治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行に関する必要・便利情報まとめ。...
にほんブログ村 旅行ブログ パキスタン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ パキスタン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ご意見・ご質問などはメールフォームからどうぞ。
デザイナーとライターをしています。お仕事のご依頼やご相談もお気軽に。

コンタクト用メールフォーム

COMMENT

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントをどうぞ。

テキストのコピーはできません。