国際結婚

相手のことを考える文化 空気を読めない人達

相手のことを考える文化 空気を読めない人達

こんにちは、スズケーです。

今月パキスタンへ、旦那の実家のあるフンザへ行くわけですが、
一応嫁な私ですが、
旦那の実家には泊まらないし、お土産も持っていきません。

旦那は実家に泊まりますが、
今回は友人も一緒にくっついてくるので私はゲストハウスに泊まります。

多分友人がいなくても、私は一人でゲストハウスに泊まります。
それか仲のいい親戚か友人の家。

なんでかって言うと、旦那の実家にいても別に楽しくないからです。

旦那の兄弟やその奥さんらは絶対私の気持理解してくれないし、お話だって彼らだけで盛り上がって私がいる意味ないし、私もつまらなくて機嫌悪くなるし、
楽しくない、いる意味ない、双方メリットないことがわかってるなら
実家に行かずに適度な距離感でいた方が、お互い嫌いになることもなく、気持よく過ごせると思っています。

だから旦那の家には泊まらない。

スズケー
スズケー
みんな空気読めなさすぎなんですよ…

 

お互いのために嫌なことはイヤと言う

インドの牛

私が嫁だろうが、相手が旦那の親だろうが兄弟だろうが、
嫌だなと思うことがあれば私ははっきり伝えます。

私が嫌なことを我慢したって、日本に比べて相手の気持を慮る文化があんまりない人達には私が我慢してることは伝わらないし、嫌なこともわかってもらえない。

そしたら一生、私が嫌なことをずっと我慢し続けなければいけないわけで、そんなことになったら私、多分ストレスで死んじゃいそうになるし、旦那の家族のこと大っ嫌いになると思います。

そうならないために、私のことを知ってもらいたいから
嫌なものは嫌って言うし、できないものもできない、したくないものもしたくないって言います。

相手は空気読めない人達、そして外国人=自分たちと違う文化・思考を持った人を知らない人達なので、こっちからはっきり言うしかない。

言った結果、相手が理解してくれることもあるし、理解してくれないからやっぱり私がある程度まで譲ることもある。
でも、言わないでモヤモヤしているより、ずっと気持は晴れます。

私のわがままかもしれないけど、元々こういう性質なんだから仕方がない。
でも、私が機嫌悪くなって訳がわからないまま相手も気を使うより、理由がわかって、理解しあう努力をする方が建設的じゃない?

お互いが気持よくいるために、良い距離感を知ったり、良い関係を保つために必要なことだと思っています。
どちらかが常に一方的に我慢しててもいいことなんてなんにもないです。

スズケー
スズケー
これは旦那の家族相手にだけでなく、友達相手でも、国籍問わず、私はこういうスタンスです。
こういうのを理解するか、気にしない人としか付き合えないので、私は友達は少なめです。

外国人なので、パキスタンの女と同じにはなれない

私はずっと日本で育った日本人で、パキスタンでは外国人なので、パキスタンの、フンザの女性と同じように考えたり過ごすことはできません。

100%全てパキスタンの文化に従う妻や嫁が欲しいのならば、パキスタンの女性と結婚すれば良いだけのこと。
外国人の女と結婚したからには、自分たちと100%同じにはできないことを、相手も相手の家族も理解しておくべきだと思います。

ちなみに、パキスタンの文化に日本人女性側が合わせろというのは、パキスタン人男性だけでなく、パキスタン人と結婚した頭のお固い日本人ご夫人が言ってくる場合もありますね。
他の夫婦のことなんだからほっとけよと思います。

人の悩みや不幸に口出ししたい
人の悩みや不幸に口出ししたいパキスタン人と結婚した日本人同士とか、パキスタン人と付き合ってる人同士とかでの共感したい・共有したいと言う意識と、人にあれこれ口出ししたいタイプの人について。...

 

幸い、うちの旦那は子供の頃から知人のゲストハウスの手伝いをしていたりして外国人に慣れているので、パキスタン人と外国人の考え方が違うことは理解しているし、
旦那の家族はこれまで外国人との接点はなかったものの、
私に対して「こうしてほしい」みたいな希望も特になく、「外国人だからできないことあるよね、自分らとは違うよね」ということはわかってくれているので(諦めてるとも言う)、
私の行動に対してあれこれ言ったりすることはありません。

ペシャワールの旧市街

旦那が私を野放しにしてくれてる例はこっちの記事でも。

before-and-after-marriage
結婚前も後も同じままこんにちは、スズケーです。 私は元々、毎年インドとパキスタンを一人で長期旅行していて旦那と知り合い、 知り合ってから4年ちょっと...

自分がしたいことと相手が喜ぶことは違う

旦那の家族は、一応彼らなりにおもてなししようとしてくれているんだけれど、
それが私にとって嬉しいことだったり、心地よいものでなかったりすることが多いので、
旦那の実家に行っても楽しくなかったりするわけです。

例えば私は、誰かにプレゼントを渡す時、自分が欲しいもの・自分が欲しいものを選ぶのではなく、
この人にはあれが必要かな?ああいうものだったらお仕事の時に使えるかな?これなら多少好みに合わなくても邪魔になったりしないかな?
って考えて選びますが、
彼らはそういうことをしないってこと。

私の感覚と彼らの感覚が違いすぎる。
旦那の家族は、外国人と接する機会がほぼない人達だったので、仕方がないことなんですが。

例えばパキスタンに持っていくお土産とかも、私の場合はこんな感じで「相手が必要としてるであろうもの」を考えて持っていきますが、彼らはそういうことはしないんですよね。

パキスタンに持っていく日本土産
パキスタン人が喜ぶ!パキスタンに持っていく日本土産パキスタン人に喜ばれる日本のお土産の紹介。外国人だからといって日本っぽいものにこだわらず「使ってもらえるもの」を持っていくようにしています。...

独善的な親切

ちなみに、旦那の家族がしてくれる空回ったおもてなしはこんな感じ。

  • 家に来いと呼ばれて行っても、誰もそんなに私に話しかけず、みんなウルドゥー語ではなくブルシャスキー(フンザの言葉)のみで会話する。私がいる意味ない。
  • 私の予定も確認せず、食事の準備を全て終わらせてから「今日家にご飯を食べにきて」と言う。
  • ご飯を食べにいくと私だけ食事を出され(旦那がいる場合は私と旦那だけとか)、食べているのを黙って見られる。ものすごく食べにくいし、気持的においしくない。
  • お土産にと言って10kg近いクルミを渡される。私、バックパック背負ってバスに乗ってフンザからラワルピンディーに戻るんですけど、これ誰が運ぶの?
  • バザールの友達の顔を見ながら歩いて帰りたいのに、バイクで送ると言って無理矢理乗せる。

彼ら的に、私に親切にしたり、おもてなしをしてくれているつもりなんだろうなぁ、って言うのはすっごくわかるんですが、
彼らの行動は「自分たちのやりたいこと・自分たちの考える親切を相手に一方的にしている」だけで、「相手のことを考えて相手の喜ぶことをしている」わけではないので、
外国人の私には「全然嬉しくない」ことが多いのです。

日本人は世界の中でも「相手の気持になって考える」ことを、ものすごく大切に考える国民性・文化を持っているそうなので、
そのレベルをパキスタン人の、それも外国のことなんてほとんど知らない人に求めるのは酷だと思うし、そこまでは求めてないんですけどね。

あと、外国人にどう接すればいいのかわからないんだろうなぁともわかるんですけど。

スズケー
スズケー
たださすがに、運ぶのも大変な重いものを土産にもって帰れっていうのは、ちょっと思慮がなさすぎるよなと思います…
フンザのくるみ

日本人で良かったこと

基本的には好き勝手やっている私ですが、必要な時や求められる時は、きちんとパキスタンの文化やイスラームの習慣に合わせることもしています。
「ここまでは相手は何も思わないけど、これ以上は不快に思うだろう」ということも考えているつもり。

もちろん私は外国人なので、失敗することもあるけれど、
こういうのを相手のためにと自然に気をつけられるのは、日本人ならではだなぁと思うし、そういう感覚を持っていてよかったなぁと思います。

欧米人とか、アジアに旅行に来ても絶対自分たちの生活スタイルをくずさずに、自国の文化をそのまま持ち込んで旅行してる人も割といるのですが(インドでカレーとか全く食べない欧米人とかもいました)、
日本人は「郷に入れば郷に従え」で、その時・その国に合わせて比較的柔軟に合わせる人が多いような気がします。
多分こういうお行儀の良さも、日本人観光客が海外で好ましく受け入れられやすい点なのかなぁと。

 

そんなわけで、今月のパキスタン、フンザ滞在も、旦那の実家にはさほど寄り付きませんが、旦那の実家が嫌いなわけではなく「お互い上手に付き合うための適度な距離感」だからってこと。

もちろん挨拶とかは行くし、1回くらいはご飯にも呼ばれるかもしれませんが、それくらいにしておくのが、私達は良好な関係を保っておけるだろうなと思っています。

日本人の「空気を読むスキル」をめっちゃ発揮しますよっ。

スズケー
スズケー
もちろん相手はわかってないので、私が自主的にそうします。
ABOUT ME
スズケー
スズケー
フンザ出身のパキスタン人と国際結婚しています。 デザイナーとライターとアーティスト、時々通訳をしつつ、 投資もやってます。 お金稼いでパキスタンと日本とインドと、好きに行ったり来たりしたい。 インドが好き。
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報まとめ

パキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧はこちらから!

治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行や滞在に関する必要情報・便利情報をまとめた目次(サイトマップ)です。

パキスタン・フンザ ガイド
パキスタン・フンザ 旅行、滞在情報ガイドパキスタン、フンザ旅行に関する情報記事の一覧、目次。治安、旅行ガイド、両替やATM、フンザへの行き方など、ブログ内のパキスタン旅行に関する必要・便利情報まとめ。...
にほんブログ村 旅行ブログ パキスタン旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ パキスタン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ご意見・ご質問などはメールフォームからどうぞ。
デザイナーとライターをしています。お仕事のご依頼やご相談もお気軽に。

コンタクト用メールフォーム

POSTED COMMENT

  1. アバター ひろ より:

    パキスタンに親戚がいるっていう事はなかなかたいへんだね。

    • スズケー スズケー より:

      ひろさん

      そうだねぇ。
      でも私はもともとなんでもはっきり言う方だし、
      義理の家族が、
      なんでもはっきり言うと嫌われる傾向の強い日本ではなく、
      はっきり言ってもそんなに気にしないパキスタン人であることは
      ある意味私には合ってるような気もするよ。

COMMENT

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントをどうぞ。

テキストのコピーはできません。